« 退院しました | トップページ | 親知らず抜歯奮戦記(1) 発覚・再発・入院決定編 »

2004/11/25

ドライソケット

例の親知らず、退院は予定より2~5日ほど早かったのに、
退院してから、左下患部の中の「骨」の痛みに苦しんでます(>_<)

病院で診察してもらった結果、
縫合部の状態は良好なので、
親知らず1本分の大穴が開いている歯茎の中の穴で
ドライソケットになっているのではないかという見立て。

ドライソケットというのは、一種の治癒不全で、
抜歯時に出血した血の塊が傷口をガードすべきところが、
何らかの関係で血の塊ができず、骨が剥き出しになってしまっている状態らしいです。

ボルタレンという結構強い鎮痛剤を処方されて、飲んでいるのですが、
かっきり6時間半で効果が切れて、強烈な痛みが襲ってきます。
時計要りません(笑)

なかなか侮れんわ、親知らず!

|

« 退院しました | トップページ | 親知らず抜歯奮戦記(1) 発覚・再発・入院決定編 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/2064302

この記事へのトラックバック一覧です: ドライソケット:

« 退院しました | トップページ | 親知らず抜歯奮戦記(1) 発覚・再発・入院決定編 »