« 入院1週間前 | トップページ | らでぃっしゅぼーや »

2004/11/09

東京歯神様めぐりラン

前回書いたように、もうすぐ親知らずの手術です。
なかなかややこしい手術になりそうです。
抜歯なのに、全身麻酔だしね。

それで、インターネットで東京の歯に関する神様を捜し、走ってそれらの神様を巡って手術の無事を祈願することにしました。
意外に探すと、たくさんあるんですよ。

これは、1ヶ月ほど前の記事です。古くてごめんなさい。
この記事部分は、すでにFRUN掲示板に投稿済みのものに加筆修正しています。 

日時:10月14日(木)
距離:30.1km(Forerunnerで計測)
時間:4時間17分(ネット)

10月に入って雨続き。今日も朝から曇っているが、まあ暑くなくていいかも。
9時15分頃、中野の自宅を出発。東中野から山手通りを南下する。
途中から旧山手通りに入り、いわゆる代官山を通る。おしゃれしたコマダムに混じって、自分が一人浮いている(涙)

最初の歯神様は、中目黒の正覚寺の「歯塚」。
境内では告別式をしていたので、じゃまにならないようにそ~っとお参り。
syougakuji/syougakuji

次はそこからすぐ祐天寺の「歯霊供養塔」。
yuutenji/yuutenji

目黒って初めて来たが、坂が多いところだ。祐天寺も坂の上にあって、見晴らしがよい。
そこから坂を転げ下るように、目黒駅方面に向かって走り、JRを渡って目黒通りを白金に進む。
これがあの「シロガネーゼの住まう白金かあ」と感慨深く、ぼちぼちと走る。

R1と合流してすぐに次の歯神様、松秀寺「虫歯地蔵」。
境内入ってすぐのところにお地蔵様がたくさん並んでいるが、虫歯地蔵は特定できないらしい。
shirogane/shirogane

とりあえずお地蔵様一群に向かってお参りして、代表して一番真ん中の大きなお地蔵様にお賽銭をおいてきた。

次に向かうのは、新橋の「日比谷神社」。
お昼時ということもあって、近所のサラリーマンやOLでごった返す中をヒタヒタと走って到着。
hibiya/hibiya

ここは、「歯の痛みに霊験とくにあらたかで、鯖を断ち治ると鯖を奉納した」ことから、「鯖稲荷明神」とも呼ばれているらしい。小さい境内だが、先客の女性があった。この人も歯で困っているのかしら?

お参りを済ませて、文京方面へ。日比谷通り、神田美土代町、駿河台下を経て、水道橋に出た。
ちょっと疲れてきて、歩きも混ざるようになってしまった。

小石川のこんにゃくえんまとして知られる「源覚寺」の「塩地蔵」に参拝する。
shiojizou/shiojizou

「塩地蔵」はその名の通り、塩を供えて祈願するらしく、お地蔵さんの足元に大量の塩が盛られていた。塩は持ってこなかったので、その分お賽銭を上乗せしてお参り。

次は、白山神社。
hakusan/hakusannjinja

あじさいで有名な神社だが、江戸時代から歯の痛みを止める御利益があるらしい。
狭い場所だが、なかなか風格のある神社だった。

そこから、谷中方面に向かい、最後の歯神様の谷中の「妙雲寺」へ。
門には「むし歯祈願の寺」と石碑があるが、
yanaka/yanaka

本堂は近代的な造りで、高床式で下はガレージになっている。どこでお参りして良いかわからなかったので、脇の方にあった石碑(中身はよくわからない)に向かってお参りしてきた。

それから最後は上野公園を通ってJR上野駅まで行っておしまい。

【予告】
11月11日、歯神様めぐりラン第2弾実施予定!

|

« 入院1週間前 | トップページ | らでぃっしゅぼーや »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/1882971

この記事へのトラックバック一覧です: 東京歯神様めぐりラン:

« 入院1週間前 | トップページ | らでぃっしゅぼーや »