« 親知らず抜歯奮戦記(5) 激痛との闘い編 | トップページ | 骨盤が回る »

2004/12/03

ローリング走

最近木曜の夜、教育TV「趣味悠々」でランニングを取り上げていますが、
昨日は「ローリング走」を特集していたので、早速今日のリハビリジョグに取り入れてみました。

みぞおちから下が全部脚になったような感覚で、骨盤を回しながら走るというものらしいですが、
(きっちり見ていなかったので、おおざっぱにしかわかってません)
これを意識して走ると、多少歩幅が伸びるのか、1周440mのコースで、特にペースやピッチも変えたつもりはないのに、周あたり5秒ほど速く走れました。
重心が高くなったように感じます。ずっと前にどこかで読んで、それからまりもの走り方の指針としている「頭のてっぺんから吊られているような走り」や「腰入れ走」と通じる感じがします。

リハビリジョグの間、意識してフォームや走り方の改革にも取り組んでみようと思います。

今日は、約3.7km、32分45秒。
440mのコース1周平均3分15秒(キロ7分23秒)
帰宅後、腹筋35回、スクワット35回、ストレッチ、ラジオ体操。


|

« 親知らず抜歯奮戦記(5) 激痛との闘い編 | トップページ | 骨盤が回る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/2140305

この記事へのトラックバック一覧です: ローリング走:

« 親知らず抜歯奮戦記(5) 激痛との闘い編 | トップページ | 骨盤が回る »