« 城北むかしみちめぐり | トップページ | シネコンの映画の見方 »

2005/02/10

Ray

弟の死によるショックで、わずか6歳にして視力を失うも、やがて「盲目の天才」と呼ばれ、あらゆる音楽の壁を越えて新しい音楽「ソウル」を誕生させたレイ・チャールズ。しかし名声の裏には複数の愛人を抱え、麻薬に溺れる荒んだ生活があった…
ソウルに満ちた人生を描いた波乱万丈のドキュメンタリー映画。
第62回ゴールデン・グローブ賞【主演男優賞(コメディ/ミュージカル)】
ジェイミー・フォックス

公式HPはこちら → 「Ray

2時間40分ほどの長い映画なのですが、全くその長さを感じさせません。
全体を通して流れるソウルフルな音楽やダンス、そののりの良さには自然に身体も動き出すほど。

全編を通じて、幼年時代の回想が挿入されていますが、これが彼の人生に大きな影響を与えています。
そして、麻薬漬けのレイを立ち直らせたのは、聡明な彼の妻の一言で気づいた音楽への情熱。そして禁断症状に打ち勝ち、麻薬から脱したレイは、弟の死のトラウマからも抜けることができたのです。

レイ役のジェイミー・フォックスが素晴らしい演技。これは必見です。

|

« 城北むかしみちめぐり | トップページ | シネコンの映画の見方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/2874130

この記事へのトラックバック一覧です: Ray:

» 映画館に行き出すと [LIKE A ROLLING STONE]
以前にまりもさんのブログを見て見に行きたいと思いながら見逃してしまったRayを見に行ってきました。2時間半以上ある結構長い映画でしたが全然長い感じがしなく... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 18:16

« 城北むかしみちめぐり | トップページ | シネコンの映画の見方 »