« 川越 | トップページ | 親知らずの呪縛 »

2005/02/23

世田谷の緑道

残り少ない東京生活・・行き残した場所を回ってます。
今日は世田谷の北沢川緑道と、烏山川緑道を回ってきました。

走行距離:約17km
走行時間:約3時間(休憩含む)

中野通りを南に行って、笹塚から鎌倉時代の古道といわれる道をさらに南に向かいました。
道の名前も「鎌倉通り」といいますが、交通量もそこそこあり、古い道の感じはあまりしません。
下北沢のすぐ近くを通り、井の頭線、小田急線を渡ると、まもなく北沢川緑道に入り、西に向かいます。
kitazawagawa1
道幅も広く明るい感じの緑道です。大きな家も多いです。

環七を過ぎると道は狭くなり、まもなく小田急線を越えます。
道の右手にこんもりとした丘が見えたので、ちょっと寄り道してみると、そこは羽根木公園で梅まつりをしていました。
名前は聞いたことがある公園でしたが、小高い丘になっていて、結構奥行きも深い公園です。
最寄り駅の名前が「梅ヶ丘」というのも、さもありなん。
子供用の遊具もアドベンチャー気分のものが多くて、楽しそう。
hanegi2hanegi1
梅をみながら、梅大福とお茶で休憩。

kitazawagawa2
さらに西に向かいます。東急世田谷線を過ぎると、ユリの木公園と名前がついてます。

だんだん時間がなくなってきました。息子が学校から帰るまでに家につかなくてはなりません。荒玉水道道路まで出てから烏山川緑道に入ろうかと思っていたけれど、時間が足りなくなりそうなので、あたりをつけて経堂の方に向かってショートカットしてみることにしました。息子に家の鍵を持たせておけばよかった。
この辺りの地図は持ってないので、勘を頼りに進みます。

経堂の駅に出ました。駅西側の高架を越えるとそこに道しるべが。
kyoudoumitishirube1
「西ふちう(府中)道」とあります。横には「北○○いど道」(たかいど?)、「南ふたこ(二子)道」とあります。結構昔の道なんだ。この道は続いてそう。南に行けば烏山川緑道に入れるな。

少し行くと、商店街と交わる辻にもう一つ道しるべが。
kyoudoumitishirube3
「南二子道」「東青山道」とあります。まっすぐ進みます。
かなり古い感じの道で、進むにつれ、大きな屋敷や蔵を持つ家などが見えてきます。
aoyamamiti2aoyamamiti1

でも、行けども行けども烏山川緑道はありません。太陽との位置関係からするとどうも東に向かっているみたい。青山道というのを来ているようです。
そうこうするうちに、東急世田谷線にぶつかりました。これにつかず離れずで行けば、何とかなりそう。

果たして、豪徳寺の辺りでようやく烏山川緑道に入れました。まあ面白い道を走れたからいいか。
karasuyamakawa1

これから三軒茶屋に出て、東急世田谷線に乗って帰る予定です。
途中松陰神社に寄り道しました。
syouinjinja1
松下村塾のレプリカや、吉田松陰の墓所もあります。そんなに広くはないけど、風格のある神社でした。

あとは三軒茶屋に向かうだけ。ぼちぼち走って、12時半前に駅に着きました。
setagayasen
ローカルだけど、東京の電車らしくスマートな車体です。二両編成で、前の車両は座席がみんな前向き、後ろの車両は座席が後ろ向きというのが面白い。
回数券もタッチパネル式で最新式でした。全線130円は安い。

下高井戸に出て、京王線・中央線経由で帰りました。

|

« 川越 | トップページ | 親知らずの呪縛 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3047775

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷の緑道:

« 川越 | トップページ | 親知らずの呪縛 »