« 叔母の形見 | トップページ | 水道タンク »

2005/02/04

東京西郊水辺ラン

2月3日節分、寒い中、中野・杉並・練馬の水辺を走ってきました。

走行距離:約23km
走行時間:約3時間(ネット)

いつもの妙正寺川にそって西に向かい、妙正寺公園へ。キロ7分弱位で、気持ちよいジョグ。

妙正寺公園から、先日初めて走った井草川緑道に入ります。ところどころ改修工事をしているので、そのたびに迂回しなくてはなりませんが、しょうがないですね。
井草川緑道は、かなりグネグネと曲がりくねっています。複雑な微地形によるものなのでしょう。

igusagawa1
低層住宅地の中を走る、こんな感じの緑道。

三谷(さんや)公園で緑道は終わり、そのまま早稲田通りに出て西進、青梅街道を突っ切って、善福寺公園へ。

zenpukujikouen
冬枯れの木立が青空にくっきりと映って、とても清々しいです。風は冷たいですが、お天気が良かったので、水面に太陽がキラキラと反射してまぶしかったです。確実に日差しが春に向かっています。

写真数枚撮って、特に休憩もせず、北西に向かい、千川上水に沿って走りました。
何度か来ていますが、この辺りは畑も少し残っていて、のどかな感じがして、すきな道です。

senkawaousui3
senkawajousui2
一部、地道もあります。

西東京市に入るあたりで、北進し、青梅街道を越えて、武蔵関公園に入りました。ここは初めていく公園です。
大きな池があって、その周りを遊歩道が巡っています。

musashisekikouen1
musashisekikouen4
善福寺公園を一回り小さくしたような感じですが、木々が大きいので少し暗い感じがしました。野鳥も多いようです。

武蔵関公園に沿って石神井川が流れていて、そこを下流に向かって走りました。
石神井川に沿って行くのも今日初めてです。川沿いにずっと道は通っておらず、ところどころ途切れてしまうので、走りにくかったです。つかず離れずで走っていきましたが、新青梅街道とぶつかるあたりで、川からかなり離れてしまいました。地図を見ると上石神井の駅の近くだということがわかったので、このまま西武電車に乗って帰ってしまおうかと思いましたが、前に一度通ったことがある道を思い出し、記憶をたどってまた石神井川沿いに出ることができました。

写真を撮りながらダラダラと走った上、道も探しながらなので、時間が随分たってしまって、お腹もすいてきました。その上だんだんふくらはぎや太股も痛くなってきました。それで、走って帰るのはあきらめて、石神井公園でのんびり休憩して、最寄りの駅から電車で帰ることに決めました。

石神井公園は、石神井池と三宝寺池の二つの池を中心とした公園で、特に三宝寺池は自然がよく残されていて、植物や野鳥の宝庫として知られ、東京都区内とは思えない静かなところです。
一角に「豊島屋」という休憩所があり、軽食のメニューが書かれていたので、期待しないで「とん汁とごはん」(750円)のセットを注文したら、これがなかなか絶品!ごま油の風味がよく効いていて、具も12種類も入っていました。

tonjiru
ほっこりとひなたぼっこしながら、「とん汁」に舌鼓。ちょっと日に当たりすぎて、ちょっと紫外線が心配でしたが。

sanpoujiike1

食後は鴨や野鳥なんかを眺めながら、池の周りをぐるっと散歩(ランではなく)して、適当に走って西武新宿線の井荻駅まで出て、電車で帰りました。写真を撮ったり、荷物もそれなりに持っていたのでちょっと疲れたけど、なかなか楽しいお散歩ランでした。


|

« 叔母の形見 | トップページ | 水道タンク »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/2804446

この記事へのトラックバック一覧です: 東京西郊水辺ラン:

» 新コース開拓中 [はしるやせる]
まりもさんの東京西郊水辺ランのコースを参考に、新コースを開拓してみました。 夜で [続きを読む]

受信: 2005/02/09 23:34

« 叔母の形見 | トップページ | 水道タンク »