« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/25

引越も佳境に入ってきた

東京にいるのもあと1週間。
来週は、一時また京都の家に行ったりしないといけないので、
荷造りもぼちぼち進行しています。家の中に段ボールの山ができつつあります。

今日は息子の小学校の終了式でした。
一昨日は、クラスのお別れ会までしていただいて、親子とも大感激!
転校の書類をいただかないといけないので、学校が終わる頃に行ってきました。
先生にご挨拶もしないといけないし・・と思って、一応スーツも着たりして。

12時前に来て下さいといわれていたので、11時55分頃に着くようにでかけたら、
何とみんなもう下校してきている。
息子とも途中で会いました。アチャー。
慌てて息子を連れて学校に向かうと、校門の外で作業をされている担任の先生にバッタリ。
その場で書類をいただきました。はぁ~。何か情けない。

お礼を申し上げて帰ってきました。
午後は、やはり息子の東京最後の公文教室に付き添って、先生にお礼。

最後ってやっぱり寂しいです。

| | トラックバック (0)

2005/03/21

春の味 山菜の天ぷら

最近、NAOJIさんや高橋さんのブログで山菜の話題が多く、
それを読むにつけ、「は~山菜の天ぷら食べたいな~」と思っておりました。
土曜日にも近所のスーパーでふきのとうやたらの芽なんかを見つけたのだけど、
さすがに荒川のフルマラソンの前日に天ぷらはヘビーだったのでやめました。

それで今日、別の店でまた山菜コーナーを見つけ、買ってきましたよん。
ふきのとうとこごみ。たらの芽は売り切れててなかった、残念!

sansai

山菜の天ぷら、ほろ苦さが春の味ですねえ。
塩でいただきました。
ビールにもよく合います。ビールはエビス「超長期熟成」

| | トラックバック (0)

NETでサブ4死守

昨日は、在東京最後のレース「荒川市民マラソン」でした。
このレースは、去年初めてサブ4を出したレース。エイドや距離表示もとても充実しているし、何といっても1万人を越えるランナーが集まるお祭りのようなレースです。
昨年秋から、つくば、青梅と、手術や体調不良でDNS続きだったので、何としてもこの大会は楽しく走りたいと思っていました。

続きを読む "NETでサブ4死守"

| | トラックバック (3)

2005/03/18

国立劇場で歌舞伎!

今日は、お友達のmekaさんと、国立劇場で歌舞伎を見てきました。
花形若手歌舞伎 通し狂言本朝廿四考

同時期に歌舞伎座で勘三郎襲名披露をしているので、超メジャーな役者さんは出ていないけど、
その分、内容がじっくり見られるかな~と。

初めて見る演目だったのですが、プログラムを買ったので、何とか内容についていくことができました。
特に序幕「武田信玄館勝頼切腹の場」では、身代わりが間に合わず首を取られてしまった勝頼は実は背信の家臣の倅で、間に合わなかった身代わりの百姓蓑作が実は本当の勝頼であったというどんでん返しがあったりして、ストーリー的に複雑で面白かったです。
蓑作(実の勝頼)役の愛之助、先日の浅草で見て以来ファンになったのですが、今日も素敵でした。きれいな顔立ちだし。
腰元の濡衣役の孝太郎、この人を見るとどうしても「白い巨塔」の佃講師を思い出してしまう(笑)でも、さすが本業の歌舞伎では舞も上手だし、女形が板についてるわ。

途中ちょっと寝てしまったところもあったけど(^^;、やっぱり劇場で見ると迫力があって最高です。

| | トラックバック (0)

2005/03/17

都心に住むということ

観劇で上京した母に誘われ、原宿に住む伯母と3人で、渋谷でランチをした。
お寿司を食べた後、場所をかえてお茶でも飲もうということになったが、あいにく昼時でどこも一杯。

伯母が「ただでコーヒーが飲める待ち合わせ場所があるからそこへ行きましょう。」という。
私と母は、てっきり階段脇あたりのベンチで給茶機のあるところを想像して、ついて行ったのだが、着いた先は外商サロンの中にあるソファーだった。しかも、受付の人が3人分のコーヒー(レギュラー)を持ってきてくれるのである。

伯母は別段そんな百貨店の外商で買い物をするような大金持ちではない(と書いたら失礼か)。
何で、こんなところが利用できるのかと聞いたら、東急のカード会員になっていて、そこでの買い物額に応じて特別なカードが発行されて、こういうところも使えるらしい。聞けば日々の食料品なんかも、かなりそこで買っているという。「お魚なんか、近くで買うより安くていいのよ」ということだ。近所のスーパーのポイントカードのようなものなのだろう。
外で働いていて帰りに買うというシチュエーションではなく、普通の家庭の主婦が毎日の買い回り品を都心のデパートで買うということに驚いてしまった。

伯母の家には、小学生の孫がいる。東京は小学校のお受験が多いが、その子もやはり私立の小学校に通っている。小学校から私立に通わせるような感じの家ではなかったのだが、その理由は近くの小学校は子供の数が少なすぎて(同級生の女の子は4人!)、それで仕方がなく私立にしたのだという。

都心に住むということは、こういうことなんだなと思った。私のような田舎者には想像を絶する世界だ。

| | トラックバック (0)

2005/03/15

大田区散歩(3) 馬込・池上本門寺編

馬込は、以前「続・東京歯神様めぐりラン」で一度訪れたことがあります。
この界隈は「馬込文士村」として知られ、往年の文豪が多く居を構えたことで知られています。
ウォーキングルートも整備されているようですので、関心のある方はぜひどうぞ。

まりもも時間があれば、いろいろ回ってみたいですが、今日もテーマは「坂」なので、坂に特化したウォーキングに徹しております(笑)

続きを読む "大田区散歩(3) 馬込・池上本門寺編"

| | トラックバック (2)

大田区散歩(2) 雪谷編

東海道新幹線に乗って東京に向かうとき、多摩川を越えるとこの辺りの街並みが見えますね。
静かな住宅地です。

続きを読む "大田区散歩(2) 雪谷編"

| | トラックバック (0)

大田区散歩(1) 田園調布編

「田園調布に家が建つ」って、昔、セントルイスの漫才で有名でしたね。
一度どんなところか見てみたかったので、行ってきました。
ついでに、また坂道探訪。

3月3日(木)、翌日は雪だったのに、この日は春の陽気でした。
随分前の話で恐縮です。記事書くのすっかり忘れていました。

歩行距離:約14.7km
歩行時間:約4時間20分

続きを読む "大田区散歩(1) 田園調布編"

| | トラックバック (0)

2005/03/13

山手線の踏切

yamatesenfumikiri

(北区中里、山手線田端・駒込駅間)

| | トラックバック (0)

山手線一周ラン

東京にいる間に、一度やっておきたかったのがこれ。
frunで同行してくださる方を募ったら、Kさんがおつきあいしてくださるということだったので、
2ショットランをしてきました。

走行距離:約38km
走行時間:約6時間10分(休憩・強制歩行含む)

続きを読む "山手線一周ラン"

| | トラックバック (0)

2005/03/11

引っ越しの下準備

引っ越しの下準備のために、京都の家に行ってきました。

続きを読む "引っ越しの下準備"

| | トラックバック (0)

2005/03/09

目白散歩(3) 目白台の坂

目白台から神田川にかけて、地形はかなり急に落ち込んでいます。
この辺りの坂は、素晴らしい坂が多い。

続きを読む "目白散歩(3) 目白台の坂"

| | トラックバック (0)

目白散歩(2) 西早稲田

早稲田大学の裏手には、赤穂義士堀部安兵衛ゆかりの地があります。

続きを読む "目白散歩(2) 西早稲田"

| | トラックバック (0)

目白散歩(1) 23区最高峰

今日は友人と会う約束だったのだけど、彼女の都合が急に悪くなったので、一日ぽかーんと空きました。
お天気もいいし、暖かいし、花粉が飛ぼうとそんなことは気にせず(気にはなるか・笑)、またまた歩いてきました。
一昨日のランの疲れを取るのにも、今日は歩きがベストだわ。

そんなわけで、JR高田馬場駅から、箱根山、西早稲田、神田川、目白台の坂、鬼子母神、目白と回ってきました。
歩行距離:約9.2km
歩行時間:約2時間45分

続きを読む "目白散歩(1) 23区最高峰"

| | トラックバック (0)

2005/03/08

運動性慢性疲労

今日のTV朝日の「たけしの本当は怖い家庭の医学」は、スポーツが引き起こす病気の特集でした。
ランニングでのスランプから至る恐ろしい症例が紹介されていました。
それは「運動性慢性疲労」。


続きを読む "運動性慢性疲労"

| | トラックバック (1)

人間そっくりのロボット

今朝のNHKの「おはよう日本」の特集で、人間そっくりのアンドロイドロボットの開発の話をしていた。
精巧なロボットができたら、介護などの仕事もさせるというのだけれど・・・

実物の人間から型をとって、容貌もうり二つに作られている。
言葉に反応して、返事もするらしい。
従来のアニメに対するCGアニメのような感じがする。

でも、どんなに精巧に作られたって、人形は人形。
誰がそんな人形に介護されたいかなあ。
それに介護って、ただオムツ替えたりするだけじゃない。
そこで、観察すること(いつもと違うところはないかとか)、気づくこと、判断すること、
そして何より、コミュニケーションが大切だと思う。

たとえ、人形が受け答えしたって、そこには心はこもってない。
なまじ人間に似てたら、逆に気味悪い感じがすると思う。何考えてるかわからないような。
お年寄りになると、多かれ少なかれ認知がスムーズにいかなくなるのに、かえって混乱するんじゃないのかなあ。

ロボットにさせる仕事は、人間ができないような危険なものや、物を相手にすることであって、人間を相手にする仕事は、やはり人間がするべきだと思う。だってそこには「人間関係」が形成されるのだから。
介護にロボットなんか導入するより、介護者の労働をしっかり評価して、しかるべき報酬、しかるべき労働条件を整備する方が、先だと思う。

| | トラックバック (0)

2005/03/07

梅は咲いたか、桜はまだかいな

久々のランニングです。
妙正寺川~妙正寺公園~善福寺公園~善福寺川~神田川~妙正寺川~自宅

走行距離:約30km
走行時間:3:55'(最後歩く)

このコースも走るのはもう最後かもしれない・・・

続きを読む "梅は咲いたか、桜はまだかいな"

| | トラックバック (0)

2005/03/05

ちゃぶ台

zentai
以前、形見の着物をいただいた亡き叔母の家から、
古道具のちゃぶ台をいただいてきました。
叔母のさらに前の代から使っていると思われる、かなりの年代物です。

ura
裏はこうなってます。

saibu
しっかり仕事しています。

yuuhan
ちゃぶ台で夕ご飯。くつろぎます。
食後もたたみでゴロゴロ。やっぱり日本人は「たたみ」の生活が合ってるなあ。

| | トラックバック (0)

2005/03/04

雪の神田駿河台

3月4日、関東地方は未明から降り出した雪が午前中いっぱい降り続きました。
今日は、以前のパート友達と一緒に「かんだやぶそば」でお昼を食べようと約束していたので、待ち合わせの前に雪の神田駿河台を歩いてきました。

歩行距離:3.3km
歩行時間:約1時間

続きを読む "雪の神田駿河台"

| | トラックバック (0)

港区の坂(3)三田・高輪界隈

mita1-9中川にかかる新堀橋を渡ると、三田に入ります。信号を渡ると、こんな路地が。
昭和がまだ色濃く残っています。

続きを読む "港区の坂(3)三田・高輪界隈"

| | トラックバック (0)

2005/03/03

港区の坂(2)六本木・麻布界隈

 tanimati.jct首都高の谷町ジャンクションの下の歩道橋を渡って、六本木に入ります。
こういう景色も、東京か大阪じゃないと見られませんね。
先ほどの、南部坂から直線距離で200mも離れてないところなんですよ。

続きを読む "港区の坂(2)六本木・麻布界隈"

| | トラックバック (0)

港区の坂(1)四谷から赤坂

港区とは名ばかりで、坂だらけの区なんですね。
都会の真ん中に、大変風情のある坂がたくさんあります。
2月28日、そんな港区の坂めぐりをしてきましたので、何回かに分けて書きたいと思います。

歩行距離:約14km
歩行時間:約4時間

続きを読む "港区の坂(1)四谷から赤坂"

| | トラックバック (0)

2005/03/01

尾久・田端界隈

尾久・田端といっても、東京周辺の人にしかわからないかもしれませんが、上野の北に広がる地域です。
2月27日、ダンナと一緒に歩いてきました。

続きを読む "尾久・田端界隈"

| | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »