« 目白散歩(3) 目白台の坂 | トップページ | 山手線一周ラン »

2005/03/11

引っ越しの下準備

引っ越しの下準備のために、京都の家に行ってきました。

この家には、2年前に東京に来るまで、10年間住んでいました。
ダンナの転勤で上京したのですが、こちらは社宅で狭くなるため、荷物が全部入らないので、
生活に必要なものだけ持ってきたのです。

つまり、京都に置いてきたのは、生活に必要のないものだけ!というわけなんですね。
いざ、改めて見てみると、「ゴミ」ばかりだあ。
「使うかもしれない」でとっておいたものは、はっきりいって絶対使わない。
服も「あまり着なかったし」とか「買うとき結構高かったから」と、とっておいたものは絶対着ない。
もったいないと思っても、それを保管しておくスペース代の方がよっぽどもったいないんですよね。

天井収納庫もあるのですが、そこも埋まっていました(涙)
「ゴミ」と言ったら語弊がありますが、「昔の思い出が詰まってるもの」が捨てられないのです。
子供の保育園時代の作品、昔の手紙、自分達の学生時代のものまで、後生大事にとってあるわ。
東京上京前にも整理してきたはずなんだけど、全然だめだったなあ。
時間をかけてじっくり整理したのがかえってよくなかった。こういうのって見ちゃうと捨てられなくなるんですよね。
とっておいたって、こんな時くらいしか見ないのにね。

整理上手の方に、整理のコツを教えて頂きたいですう。

それから、築12年になるので、家具がないうちに畳を替えようと思って畳屋さんに来てもらい、障子がボロボロだったので表具屋さんに来てもらい、京都帰省用に買ってあった冷蔵庫やテレビをリサイクルショップに買ってもらい、フローリングにワックスをかけ・・と目の回る忙しさでした。

狭小3階建住宅なので、何かあるたびに階段の上がり下り。ふくらはぎ痛くなりました。住んでるだけでトレーニングになるなあ(笑)


|

« 目白散歩(3) 目白台の坂 | トップページ | 山手線一周ラン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3259105

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越しの下準備:

« 目白散歩(3) 目白台の坂 | トップページ | 山手線一周ラン »