« 引っ越しの下準備 | トップページ | 山手線の踏切 »

2005/03/13

山手線一周ラン

東京にいる間に、一度やっておきたかったのがこれ。
frunで同行してくださる方を募ったら、Kさんがおつきあいしてくださるということだったので、
2ショットランをしてきました。

走行距離:約38km
走行時間:約6時間10分(休憩・強制歩行含む)

10時10分、高田馬場駅でKさんと落ち合って、南方向へスタート。
frunには、時計回りで走る予定を書いたのですが、そうすると渋谷・新宿といった超繁華街の人混みをヘロヘロの身体で通る自信がなかったので、急遽逆走することにしました。
スタート時、時計のタイム押し忘れた(>_<)。まあいいか。

山手線のすぐ内側を新宿方面に向かいます。ロッテの工場があるのですが、このあたりは新しい道を造っているようです。道は広いけど、ほとんど交通量はなし。
新大久保駅を過ぎ、線路に沿って行きます。すぐ東側は歌舞伎町になりますが、歌舞伎町は昼間でもあまり通りたくない。すぐに新宿プリンスホテルが見えてきます。
アルタの前辺りは、さすがに人が多い。信号で待たされ、駅を過ぎるまではかなり歩きが入りました。高島屋を過ぎると人通りもかなり減ります。

代々木駅の近くには、踏切があります。山手線や中央線は高架になっているのですが、埼京線・湘南新宿ラインは下を走っています。Kさんが、この線はもともと貨物線だったということを教えて下さいました。
踏切を渡って、山手線の外側に沿って行きます。明治神宮の北参道入口のところから、明治神宮の中を通って行こうと思ったら、門の守衛さんに止められました。何でも中を走っちゃいけないそうです。でも、明治通りの方に迂回するのも何だし、しょうがないので歩いて行くことにしました。木々が鬱蒼としていて、ちょっとした森林浴気分。守衛さんが見えなくなったら走ってもわからないだろうけど、ちゃんと最後まで歩きましたよ。

原宿から渋谷に出ると、また人混み。その間を縫うようにして走っていきますが、走りにくいです。
R246を渡って、山手線沿いの細い路地に入って、ようやく一息つきます。駅前から少し入ると、すごく静か。
恵比寿でまたJRの内側に渡って、「ここを最後にして、ビール飲みたかったですね。」なんて言いながら、ガーデンプレイスの間を行き過ぎると、結構なアップダウンが出てきます。この辺りは結構坂が多いところですね。静かな住宅地の中を行きます。

目黒、五反田と過ぎると、目黒川に行き当たりました。ほんの少しJRから内側に離れますが、線路に沿って再開発の工事をしているし、目黒川沿いの遊歩道がとても気分がよかったので、しばらくこのまま進みます。

ちょうど山手線の一番南の辺りで「居木橋」から、北方向に坂を上り適当に行くと、第一京浜の新八ツ山橋に出ました。このまま第一京浜をしばらく北上します。太い道は空気も悪いし枝道に行きたかったのですが、品川駅のところで聞いてみたら、田町辺りまでいかないと線路沿いの道はないそうなので、仕方なく第一京浜沿いに進みました。
田町を過ぎ、金杉橋という橋のところから、やっと線路沿いに進むことができました。モノレールを上に見て走ります。
浜松町の北側の辺りで、一度山手線の外側に出て、汐留シオサイトの中を走って新橋へ。1時10分、ここまでで約3時間、ちょうど半分あたりかな。さすがに全然休憩していなかったので、新橋駅前で休憩。京都に戻っていたお土産の「阿闍梨餅」を2人で食べました。

新橋、有楽町と線路のすぐ内側に沿って細い道が続いています。新橋駅のすぐ北側で、左手に日比谷公会堂が見え、その奥に国会議事堂がぱーっと見えました。
東京駅前について、記念撮影。

大手町の北側で一度線路の外側に出ます。神田を過ぎ、秋葉原へ。ここも人混みで大変。秋葉原はKさんの方が詳しいので先導していただきました。新聞を配ってる人がいたから見てみると何と中国語の新聞!街行く人も半分くらい外国語を話してる。インターナショナルだわ。先ほどから空は少し雲が厚くなってきて、ちょっと怪しい。
御徒町近くの宝飾店街も人が多くて走りにくかったので、2筋ほど東側を行きました。上野の丸井のところに出て、上野駅でトイレ休憩。上野公園側に出ると、雨がポツポツとしています。

多分一人だったらここでさっさと車中の人になっていただろうけど、お連れの方があると心強い。とりあえず行けるところまで行こうと進みます。寛永寺の脇を抜けて、鶯谷へ。雨もすぐに上がってしまいました。一安心。
この辺りは道がよくわかりません。内側は谷中墓地になっていて線路沿いをすすめるかどうかわからなかったので、とりあえず外側へ。地図を片手に行きます。
日暮里でまた内側へ。JR線路沿いは一番高いところですぐ西側は斜面になっているようで、ちらちらと渋い坂道っぽいものが目に入ります。きっとひとりならフラフラと坂に吸い寄せられて写真など撮りまくっていたでしょうが、今回はKさんもいるし、目標は山手線一周だから余計なことはしないで行きます。
西日暮里の開成高校の横の坂を上り、線路脇へ。この辺りも本当に坂がきつい。お腹もすいているのかあまり力も出ません。走り出して口にしたものといえば、「阿闍梨餅」だけなのでコンビニに寄ろうということになりました。

3時過ぎ、田端駅近くのローソンで、Kさんはおにぎり、まりもはパンを買い、食べました。北風が結構強くて、外で食べるのは寒かった。でも食べれば少し元気も回復して、また走り出しました。
田端からは山手線は西に進路を変えます。線路内側の坂を下ると、多分今では山手線唯一の踏切があり、思わず写真に撮ってしまいました。その踏切を渡り、駒込、巣鴨と進んでいきます。多少のアップダウンはありますが、この辺りは前に散策で来たことがあるので、道は大体わかります。池袋の清掃工場の煙突が見えてきて、残りも少ないことがわかります。大塚までは駅間も近く、あっという間に次の駅についてしまうのですが、大塚から池袋は長い。

最後の人混みの池袋。ここまで来れば、もう完走も目前です。西口を過ぎ、消防車も入れない位の細い路地を通り抜け、目白へ。そこからは学習院の脇の静かな坂を下り、新目白通りに出ます。高田馬場も見えてきて、気分はマラソンのラスト0.195kmという感じ。4時20分、高田馬場に無事つきました!

Kさんとはいろいろな話をしながら走ったので、全然退屈もしませんでしたし、一人ならきっと途中でへばったり、日和ったりしたところも、最後まで走り通すことができました。本当に感謝です。
東京生活のいい思い出になりました。

|

« 引っ越しの下準備 | トップページ | 山手線の踏切 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3280835

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線一周ラン:

« 引っ越しの下準備 | トップページ | 山手線の踏切 »