« 都心に住むということ | トップページ | NETでサブ4死守 »

2005/03/18

国立劇場で歌舞伎!

今日は、お友達のmekaさんと、国立劇場で歌舞伎を見てきました。
花形若手歌舞伎 通し狂言本朝廿四考

同時期に歌舞伎座で勘三郎襲名披露をしているので、超メジャーな役者さんは出ていないけど、
その分、内容がじっくり見られるかな~と。

初めて見る演目だったのですが、プログラムを買ったので、何とか内容についていくことができました。
特に序幕「武田信玄館勝頼切腹の場」では、身代わりが間に合わず首を取られてしまった勝頼は実は背信の家臣の倅で、間に合わなかった身代わりの百姓蓑作が実は本当の勝頼であったというどんでん返しがあったりして、ストーリー的に複雑で面白かったです。
蓑作(実の勝頼)役の愛之助、先日の浅草で見て以来ファンになったのですが、今日も素敵でした。きれいな顔立ちだし。
腰元の濡衣役の孝太郎、この人を見るとどうしても「白い巨塔」の佃講師を思い出してしまう(笑)でも、さすが本業の歌舞伎では舞も上手だし、女形が板についてるわ。

途中ちょっと寝てしまったところもあったけど(^^;、やっぱり劇場で見ると迫力があって最高です。

|

« 都心に住むということ | トップページ | NETでサブ4死守 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3348789

この記事へのトラックバック一覧です: 国立劇場で歌舞伎!:

« 都心に住むということ | トップページ | NETでサブ4死守 »