« 港区の坂(1)四谷から赤坂 | トップページ | 港区の坂(3)三田・高輪界隈 »

2005/03/03

港区の坂(2)六本木・麻布界隈

 tanimati.jct首都高の谷町ジャンクションの下の歩道橋を渡って、六本木に入ります。
こういう景色も、東京か大阪じゃないと見られませんね。
先ほどの、南部坂から直線距離で200mも離れてないところなんですよ。

道源寺坂という坂を上ろうと思っていたのですが、間違えてその隣の普通の車道を上ってしまいました。
ウォーキング必携兼ネタ本の『東京山手・下町散歩』では、この辺り再開発中になっているようですが、2005年2月末現在、新しい道が整備されていました。
上りきると、左手にスペイン大使館、正面にスウェーデン大使館があります。スウェーデン大使館の脇に「神谷町緑道」という緑道を発見。kamiyatyouryokudou緑道好きのまりもは、思わずフラフラと行ってしまいました。ちょうどテレビ東京の裏手の辺りになります。それと関係あるのかどうか知りませんが、テレビのロケみたいのをしていました。

下りきって神谷町からホテルオークラ方面に戻りました。
TVtokyo先ほどのテレビ東京、表から見たところです。息子がアニメでいつもお世話になってます(笑)

ホテルオークラを取り巻くように、江戸見坂、潮見坂、霊南坂があります。
江戸見坂は江戸中が見渡せた、潮見坂は海が見えたというのが名前の由来だそうですが、今はビルに囲まれてそんなことは到底無理な話。edomizaka江戸見坂の途中には、「外」のナンバーのついた車が停まっていて、黒人のエグゼクティブらしき人が数人いました。「ナイジェリア大使館」関連の建物があったみたいです。

霊南坂は、アメリカ大使館とホテルオークラの間を南西に上がる坂です。reinanzakaホテルオークラ側はツタが塀に絡まっていて、なかなかいい感じです。いい写真を撮りたくて、アメリカ大使館側の歩道に渡ろうとしたら、警察官?のような人から、「こちら側の歩道は通行禁止だからダメ」と怒られてしまいました。テロ対策などで、警備が厳しくなっているのかな?

そのまままっすぐ進むと、先ほどのスウェーデン大使館・スペイン大使館の前に戻ります。spaintaishikanスペイン大使館は、白い壁とオレンジの屋根が、地中海っぽいですね。通り過ぎて直進し、突き当たりを右に曲がると、先が急に落ち込んで坂となり、前方が開けて東京タワーも見えます。azabudai1-1 この坂は我善坊谷坂で、車も入れないような細い道ですが、なかなか素敵な坂です。

坂を下りきってまっすぐ行くと、三年坂という階段坂となり、そこを上っていきます。sannenzaka振り返ると六本木方面がぱーっと開けています。霊友会の大きな建物の脇を抜けると、外苑東通りに出て正面にロシア大使館が見えます。azabuyuubinkyoku 右に曲がって重厚で古い建物の麻布郵便局の前の信号を渡ると、狸穴坂があります。
mamianazaka細い坂ですが、途中に渋い日本家屋が残っていて、周囲も静かな大変趣のある坂です。その昔、狸やムササビの巣穴が坂にあったということからその名があるそうです。
狸穴坂を下ってちょっと行くと、首都高速が上を通る古川を渡り、三田に入ります。

港区の坂(3)三田・高輪界隈 に続く。

|

« 港区の坂(1)四谷から赤坂 | トップページ | 港区の坂(3)三田・高輪界隈 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3160864

この記事へのトラックバック一覧です: 港区の坂(2)六本木・麻布界隈:

« 港区の坂(1)四谷から赤坂 | トップページ | 港区の坂(3)三田・高輪界隈 »