« 人間そっくりのロボット | トップページ | 目白散歩(1) 23区最高峰 »

2005/03/08

運動性慢性疲労

今日のTV朝日の「たけしの本当は怖い家庭の医学」は、スポーツが引き起こす病気の特集でした。
ランニングでのスランプから至る恐ろしい症例が紹介されていました。
それは「運動性慢性疲労」。


再現VTRは、中高時代に中距離をしていた30歳の女性が、夫に勧められて出た市民マラソンで入賞して、ランニングにのめりこんで市民レースの入賞の常連となり、「大きな大会(国際マラソン?)」での入賞を狙って練習していたのですが、スランプで記録が落ち始め、自己流で練習量を2倍(月600kmレベル)に増やしたところ、風邪を引きやすく治りにくくなったり、体重が減少したり、胸がしめつけられるなどの症状が出て、不整脈で死ぬ寸前までいってしまったというもの。

う~ん、よくありそうな話ですよね。
まりもも、前にまじめに練習していた頃は、風邪を引きやすかったです。
身体を鍛えているのに、風邪を引きやすいって何でかな?と思っていましたが、激しい運動によって気道を通る空気の勢いが増し(時速50km~150kmにもなるらしい)、気道粘膜がはがれて細菌感染しやすくなるそうです。

この話で体重が落ちるというのは、ランニングの衝撃が脊椎に伝わり、脊椎のすぐ前にある膵臓にダメージが出て、そうすると栄養の吸収が悪くなるためなのだそうです。
そして心臓にも悪影響が出て、自律神経も異常となり、ちょっとした突然のショック(この場合は近くで自転車が倒れた音)によって不整脈になってしまったということです。

なるほど。
しかも過去の無謀なトレーニングによって傷ついた内臓は、スポーツをやめた後にも障害が残ることもあるとか。

アスリートは血中のコレステロール値が低いことがよくありますよね。まりもも前は結構低かったのですが、これは栄養失調の可能性もあるらしい・・・そうだったのね。
やっぱり低けりゃいいってもんじゃないんだな。

番組で言われていた予防法は、
(1) 練習をやりすぎない。
(2) 十分な休養とバランスの取れた食生活
(3) 運動後3日休んでも疲れが残ったら要注意
だそうです。

皆さん、トレーニングのしすぎには十分注意して、健康なラン生活を送りましょう!

|

« 人間そっくりのロボット | トップページ | 目白散歩(1) 23区最高峰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3223760

この記事へのトラックバック一覧です: 運動性慢性疲労:

» ほどほどが大切? [けーぜ@熟成中]
昨日のランナーのブログで話題となっているのが、「たけしの本当は怖い家庭の医学」。 病名は「運動性慢性疲労」です。 ワタシは昨夜、出かけていたため、残念ながら観... [続きを読む]

受信: 2005/03/09 23:01

« 人間そっくりのロボット | トップページ | 目白散歩(1) 23区最高峰 »