« 手袋一枚あれば | トップページ | 御室八十八カ所めぐり »

2005/04/14

コーラス

京都の四条烏丸に去年できた映画館「京都シネマ」。
何故か、うちのダンナは京都に帰ることが決まる前から、私の名前でここの会員になっているのでした。
しかもプレミアム会員!

会員は通常の料金よりずっと割安で映画が見られるけど、
さすがに東京から見に来ると往復交通費だけで普通の映画料金でも十何本も見られるので、
これまでは使う機会はありませんでした。

部屋の片づけも終わったし、今週は内職もドタキャンされたので、
久々(といっても引越の最中にも子供に付き添って「ロックマンエグゼ」見てるんだけどね)に映画に行ってきました。

コーラス」(フランス映画)
フランスの子供版「スクールウォーズ」という内容ですが、コーラスのハーモニーが美しく、見終わった後が爽やかな佳品です。やっぱり子供達は力で押さえてはダメ。その子のいいところを見つけてあげて、伸ばしてあげれば、すごい可能性を秘めているというメッセージがいいですね。

音楽教師クレマン・マチュー役のジェラール・ジュニョ。「誰かに似てるな~??誰かな~?」とすごく気になっていたのですが、途中で「そうだっ!小堺一機に似てる!」と思い出してから、小堺君にしか見えなくなってしまいました(笑)


|

« 手袋一枚あれば | トップページ | 御室八十八カ所めぐり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3698759

この記事へのトラックバック一覧です: コーラス:

» 『コーラス』 [京の昼寝〜♪]
 涙がながれそうなとき、歌があった ■監督 クリストフ・バラティエ ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン  世界的指揮者のピエール(ジャック・ペラン)は、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した。 時は、1949年のフランス。 ... [続きを読む]

受信: 2005/04/15 08:53

« 手袋一枚あれば | トップページ | 御室八十八カ所めぐり »