« 御室の桜 | トップページ | 1歳刻みランキング »

2005/04/18

双ヶ岡から鳴滝・広沢へ

御室八十八カ所、仁和寺を回って、この後どうしようか・・・
まだちょっと走り足りないので、双ヶ岡から鳴滝を通って広沢の池を回って帰ることにしました。

omuroeki
京福電車(嵐電)御室駅。仁和寺や八十八カ所の最寄り駅です。
駅舎の看板が左から書かれていて、何ともレトロ。

駅を通り越すとすぐに双ヶ岡があります。
兼好法師が麓に庵を結んだという歴史的なところです。これは山じゃなくて古墳なんですね。
北側から一の岡、二の岡、三の岡と連なっています。

一番北側の一の岡に登ります。結構きつい傾斜。
道の両側にこごみがたくさん出ていました。思わず採っていこうかな~と思ったけど、やめといた。
itinooka

上り詰めると広場になっていて、視界が開けます。
北側には、さっき登ってきた八十八カ所や、仁和寺が見えます。
santyou1

南西側を見た様子。まりもの家もこの中にありますが、わかりますか~?(わかるわけないでしょ・笑)
santyou2

もっとゆっくりと景色を楽しみたかったのですが、日当たりが良いところにはとにかく熊ん蜂が多くて閉口。
まりもは蜂に何度も刺されていて(>_<)、そのたびにひどくなってきているので、蜂はもっとも苦手な虫なんです。
早々に退散しました。

二の岡に向かいます。ninooka

山道もはっきりしていないのですが、適当に行っても迷うことはありません。
山頂についたら、近所の保育園児が登ってきました。頑張ったね~♪
三の岡まで適当に登って下りて、麓に出ました。

御室川に沿って適当に走っていきました。地図も持ってなかったけど何とかなるでしょ。
鳴滝の駅の近くに「オムロン創業記念館」という建物を見つけました。
omuron

メーカーの「オムロン(OMRON)」は創業地「御室」から来てる名前なんですよ。有名な話ですが皆さん知ってました?

二股に分かれた道が出た!しかも一つは坂道。これは登ってみるしかない(笑)。
登った辺りは音戸山といって、有数の邸宅地。
旅館のようなお寺がありました。
tera

道に迷って結局同じような所に出てしまいました。
山越に出て、広沢の池に向かいました。この辺りは造園業が盛んなところです。
広沢の池です。
hirosawa1
愛宕山をバックに、何とも言えない美しさ。
桜は盛りを過ぎてますが、萌えだした新緑が目も鮮やかです。
思わず絵を描きたいな~と思ってしまいました。

と、思ったら、やはり何人か絵を描いてる人がいました。

ここから2km位走れば家に着きます。
途中でお昼のお弁当を買っても12時前に着きました。

走行距離:13.24km
走行時間:2時間50分(ネット)、3時間10分(グロス)


|

« 御室の桜 | トップページ | 1歳刻みランキング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/3753408

この記事へのトラックバック一覧です: 双ヶ岡から鳴滝・広沢へ:

« 御室の桜 | トップページ | 1歳刻みランキング »