« TOEIC | トップページ | お気に入りの場所 »

2005/06/12

小塩山

沢ノ池の翌日(6月7日)は、西山の小塩山を走ってきました。
野いちごなんて食べたの、久しぶり。
0607-noitigo


家から愛用の自転車を駆って、大原野へ。
R9の洛西ニュータウンを過ぎて、京都縦貫道の入口手前の交差点を南に下がると、一挙に田園風景が広がってきます。途中には、とれたて野菜などを販売する店もあります。帰りに買おうっと。

バス停南春日町近くの樫本神社境内に駐輪して、出発。
すぐ近くにこれから上る「天皇陵道」の尾根が延びています。
出発して、12、3分ほど竹林の中の舗装路を上っていくと、上から下りてくるハイカーに出会いました。
ポンポン山に登ろうと思っておられたようですが、道を間違えたとのこと。地図を見ると、このまま上っていって金蔵寺への分かれがあるので、そこから行かれたらどうですか?と言って、しばらく同行しました。
こちらも歩いてはいるのですが、早歩きだったせいか、「先行って下さい」と言われて、先行させていただきました。

道は地道になり、急になってきました。展望は殆どないのですが、林間の少し涼しい道を上がっていきます。
一瞬展望のひらける小広場を経て、金蔵寺分れには32分ほどで到着。そこからは、少し傾斜も緩くなるので、走れるところが多くなってきて、楽しく走っていきました。

途中小塩山への同じ車道を2箇所横切りますが、そのまま上っていきます。車道に3度目に出会うところでNHKのアンテナにぶつかります。ここまで55分くらいで到着。ロードレーサーに乗っていた頃は、ここの車道も時々ヒルクライムのタイムトライアルに使いました。麓の花の寺辺りより約6kmの車道です。
小塩山の頂上はこのアンテナの裏手になるようです。何か山頂の目印のようなものがあるかなと思って、探してみたのですがよくわかりませんでした。展望もなく、休憩にはちょっと向かないかも。

NHKのアンテナから車道を少し進むと、淳和天皇陵への参道があります。やはり天皇陵というだけあって、整備もそれなりにしてあって、荘厳な雰囲気が漂っています。お参りして、ちょっとお茶を飲んで休憩。

帰路は、車道を下りることにしました。その方が走れるからね。この道は、行き止まりだし、NHKやドコモの電波塔くらいしかなくて、滅多に車が通ることがないので、道の真ん中をホロホロと下っていくことができます(下にはゲートもあったし)。上の方は傾斜もほとんどなく、斜面を巻くように、ほぼ平坦な道がゆ~っくりと下っていきます。
途中には、野いちごなんかもあったりして、一口含んでみると甘酸っぱい香りが広がります。普段は道端の草花なんかを口にすることは滅多にないのだけれど(犬のおしっことかかかってるかもしれないし)、ここまでお散歩にくる犬もないだろうから、安心安心。

時々展望がぱーっとひらけるところがあって、洛西ニュータウンや京都市南部方面が箱庭のように広がっています。今日は少し薄曇りだったので、遠くまでははっきり見えませんでした。

ホロホロ下りきったところで、花の寺から大原野神社を回って駐輪した樫本神社に戻ろうとしたのですが、道を間違えてずっと行きすぎてしまいました。適当にアタリをつけて、神社に戻り、また自転車で帰りました。
途中、農家のとれたて野菜(トマト・きゅうり・ネギ)を購入。500円で前かごいっぱいたーっぷり買えました。新鮮でおいしかったですよ~。
先日のタケノコといい、西山方面はお土産が豊富だわ。

走行距離:forerunnerバッテリー切れのため、不明
走行時間:ランor歩き 約2時間
      自転車往復 約1時間50分

行程の写真は、マイフォトをご覧下さい。

|

« TOEIC | トップページ | お気に入りの場所 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/4522906

この記事へのトラックバック一覧です: 小塩山:

« TOEIC | トップページ | お気に入りの場所 »