« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/28

星になった少年

前作「誰も知らない」を見て、柳楽優弥くんの大ファンになったので、
今回も楽しみにしていたんです。

星になった少年

続きを読む "星になった少年"

| | トラックバック (4)

2005/07/26

京都近鉄百貨店が閉鎖

京都近鉄店が閉鎖、 ヨドバシカメラへ売却

個人的には、結構好きだったんですよ。京都近鉄。
特に最近は、コムサとか無印、GAPなんていう、まりもの好きなブランドが多かったし、
書店も大きいのが入ってたし(旭屋だったっけ?)、
百貨店とスーパーの中間みたいな感じで、気楽に入れたんですけどね。

でも、その中途半端さが逆に従来のなじみ客を遠ざけてたみたいですね。

ヨドバシカメラになったって、まりもが買いに行くものなんて、な~んもあらへん。

| | トラックバック (1)

2005/07/24

TOEICとは

「遠い苦」であると悟りけり。

初めて、TOEICなるものを受験してきました。
いや~、本当に疲れました。

続きを読む "TOEICとは"

| | トラックバック (0)

2005/07/22

留守時の昼食

今日は、frunのぱるるん本舗さんと、今年のおこしやすマラソンの件で土木事務所の申請にご一緒させていただきました。
ちょうどお昼時にかかったので、息子にはコンビニでお昼を買って食べるように、1000円を置いてでかけました。
どんなものを選ぶのかな~と思って、帰ってみたら、「割子そば」と「玉子と生野菜のミニサラダ」なんてのを買って食べていたみたい(・・・みたいというのは、帰宅時に本人は遊びに出かけていていなかったから)

まあ、炭水化物、タンパク質、ビタミン系を一応どれも食べないと・・という気持ちの表れはあるようですね。
カロリー的には、午前にプールを終わって帰ってきた成長期の子供にはちょっと足りないかな(今年の身体測定では「やせ気味」と表示されていたし)。まあおりおり何を食べればいいのか、考えさせていきましょう。

これで、食べ終わった後の始末が出来てれば、完璧なんだけど・・・そこまではなかなかできないなあ。

| | トラックバック (0)

2005/07/21

1点に泣く

今日から息子は夏休み。朝もバタバタしなくてよい。
と、いうことで、昨日は甲子園に阪神×横浜を見にいってきました。

0720-fuusen


続きを読む "1点に泣く"

| | トラックバック (0)

2005/07/19

大杉谷から愛宕山

7月に入って空梅雨一転、毎日雨ばかり続きましたが、中旬に来てようやく降らない日も出てきたので、ゴソゴソと山に登りだしました。
というか、暑くなりすぎて、とても下界は走れません。

続きを読む "大杉谷から愛宕山"

| | トラックバック (0)

2005/07/18

『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』

最近話題の「多読」というわけでもないのですが、簡単な英語で書かれた本を読むようにしています。
書店で見つけたこの本、なかなか面白いです。

続きを読む "『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』"

| | トラックバック (1)

梅雨明け

な~んか、最近全然ブログも更新していませんでした。
何してるってわけでも、何もしてないってわけでもないんですけどね。
いよいよ梅雨も明けたそうな。
祇園祭のメインも終わってしまいました。

宵山。
今年は、浴衣で行きましたよ!
着付け教室に通ってる甲斐あって、しっかり自分で着られました。
それにしても、浴衣はすごく流行ってますね。
若い女の子の半分くらいは浴衣着ていたように見えました。これまでも何度か宵山に行ってはいるけれど、こんなに浴衣の人を見たのは初めて。

宵山は連休の土曜日と重なってものすごい人。
四条大宮から歩いて行ったのですが、烏丸まで出られず、南北の通りにもほとんど入れず、引き返して来ました。
ふう~っ。

翌日は、ちょっと山鉾巡行も見てきました。これは浴衣ではありませんが。
御池通りで見ていたのですが、曇りがちで比較的涼しく、見やすかったですね。
息子がサッカーの練習から帰ってくるまでに、帰宅しなくてはいけなかったので、半分も見られずに帰ってきました。

梅雨も明けて、またあの本格的な猛暑がやってくるのか。
って、今年は6月からすでに猛暑だけど・・・
明後日で、息子の学校も夏休みに入る。う~ん、主婦にとっては何かと「鬱陶しい」日々(笑)が始まるなあ。

| | トラックバック (0)

2005/07/07

TV版「電車男」

先日は映画を見たけど、今日からTVでも始まりましたね。
本当は「女系家族」を見ようかと思っていたのだけど、なんかトーンが暗かったし、ドロドロしてそうなので、こっちに途中からチャンネルを変えてしまいました。

1回目の展開としてはまあまあですね。
ちょっと「電車男」の「ダメさ」が強調されすぎたきらいはあるけど、まあドラマだからこんなもんか。
でも、風船取ってあげようとがんばってたのに、失敗したからって毒づくだけでなくて書類まで川に捨てるこんな幼児なんていないぞ。

ネットの仲間も、所在地まで具体的で結構面白かったです。
一番知りたいのは、2ちゃんねるでこの一連のスレッドに書き込みをした本人達って、こんな風に本になったり、映画やテレビになったのをどう思ってるのかな。
「電車男」さんの実物さんってどんな人なのか興味あり。

そういえば、最初の電車の中のシーンで、「電車男」が酔っぱらいに逆襲されそうになったのを助けたかっこいい「リーマン」を、映画版「映画男」の山田孝之がやってましたねえ。これってやっぱり映画版からのエールなんでしょうか(その逆か?)

さあ、意を決してかけたエルメスの携帯。次回はどんな風にエルメスが電話に出るところから始まるのでしょうか。

| | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »