« 梅雨明け | トップページ | 大杉谷から愛宕山 »

2005/07/18

『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』

最近話題の「多読」というわけでもないのですが、簡単な英語で書かれた本を読むようにしています。
書店で見つけたこの本、なかなか面白いです。

見開きの左側に英文で、右側には日本語で対訳が載っています。
一応英語の勉強で読んでいるので、日本語は見ずに英語だけで追ってますが、向こうの小学3年生くらいのレベルの内容らしく、単語に多少わからないものがあっても、何とか大要はつかむことができます。
内容的にもすごく新鮮。日本の歴史は小学校・中学校・高校・・・と何度か学んでいるので、先史・縄文・弥生・奈良・・・とその頃から歴史が始まるものっていう刷り込みみたいなものがあったのですが、アメリカの教科書って、アメリカインディアンが12000年前にアジアから渡ってきて、その次はいきなりコロンブスの発見。
は~っ、新しい国なんだな~って改めて思いました。

まだ読み始めて間がないので、まだ南北戦争の辺りなんですが、これからだんだん現代に近づいて来るにつれ、歴史をアメリカから見るとどんな風に書かれているのかというのがすごく興味があります。

|

« 梅雨明け | トップページ | 大杉谷から愛宕山 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/5027327

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』:

» アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書 [銀河百科事典第1701分冊]
なんかこのblogも久しく更新していませんでした. もともと日記なんてつけるタイ [続きを読む]

受信: 2005/08/04 22:52

« 梅雨明け | トップページ | 大杉谷から愛宕山 »