« 京都近鉄百貨店が閉鎖 | トップページ | 比叡山薪歌舞伎 »

2005/07/28

星になった少年

前作「誰も知らない」を見て、柳楽優弥くんの大ファンになったので、
今回も楽しみにしていたんです。

星になった少年

今日は、frunのおこしやすマラソンの広報活動で、新聞各社を回ってきたのですが、
予想より時間がかからず(要するに、じっくり話を聞いてくれたところが少ないってわけ・涙)、
時間が余ってしまいました。
帰りにTOHOシネマズ二条の近くを通りかかって、次の上映に間に合いそうだったので、飛び込んで見てきました。

感動しました!
何がよかったって、柳楽くんの象を見る目のすばらしいこと。
この人は、前作でも「目力」を高く評価されてましたが、今回も本当に目の力がすばらしい。表情でなく、目で語りますね。
セリフはちょっとたどたどしいところもあるのですが、それがまた変に芝居臭さがなくて自然体でいい。

タイでのロケも大変だったでしょうに、
(○ポビタンDも真っ青の迫力シーン・・・滝に流されそうになる・・もあったし)
見事に象使いとなって帰ってきました。
動物って、結構人間の本当の中身を見抜くから、いい加減に接してたら、あんなに象ともいい演技ができなかったと思いますよ。
柳楽くんの回りを固めるキャストも、名演でした。

この夏、マラソンと共にお勧め映画の一つですね。
(そういえば「マラソン」の記事は書きはぐったな~ ←こちらもいい映画。おすすめ!)

|

« 京都近鉄百貨店が閉鎖 | トップページ | 比叡山薪歌舞伎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/5206897

この記事へのトラックバック一覧です: 星になった少年:

» 残された家族の生き方を考えた◆『星になった少年』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
6月19日(日)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて どれくらい前のことだったかよく覚えていないが、「日本人で初めてタイに渡って象使いの勉強をし、象の楽園を作ることを夢見て亡くなっていった青年」のドキュメンタリー番組を観たことがあった。 これは「観た」というう... [続きを読む]

受信: 2005/07/30 07:59

» 星になった少年 [MOONの似顔絵エッセイ]
「星になった少年」を見た。久しぶりに見た日本映画だ。 素直に感動した。主人公と共鳴するところがないと映画は感動しない、 と前に書いたが、この映画を見てなぜ感動したかといえば、 64歳の私が主人公に共鳴したからだろう。 主人公の名前テツが、私の呼び名と共通していることも起因していた。 タイトルからして、主人公が亡くなってしまうことを暗示している。 実際に交通事故で亡くなってしまうのだが、こ�... [続きを読む]

受信: 2005/07/30 20:26

» #27:星になった少年(試写) [*KAZZの呟き*]
KAZZのこの映画の評価   昨日、試写で見た”星になった少年”、最高でした泣けます 泣きまくりましたエンドロールが、霞んで出演者の名前が見えませんでした [続きを読む]

受信: 2005/10/06 10:53

» NO.128「星になった少年」(日本/河毛俊作監督) [サーカスな日々]
「ゾウの楽園」という夢は、特異な母と子によって、 地上に成立しようとしている。 2004年5月、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞で「誰も知らない」(是枝裕和監督)主演の14歳の柳楽優弥の名前が告げられたとき、少し、胸が熱くなった。ほんとうに、初々しく新鮮であったし、審査委員長のタランティーノの悪戯っぽい表情を思い浮かべてみたりもした。 思春期の少年少女たちは、たった1年で、信じられないほどの変�... [続きを読む]

受信: 2006/02/21 20:58

« 京都近鉄百貨店が閉鎖 | トップページ | 比叡山薪歌舞伎 »