« 留守時の昼食 | トップページ | 京都近鉄百貨店が閉鎖 »

2005/07/24

TOEICとは

「遠い苦」であると悟りけり。

初めて、TOEICなるものを受験してきました。
いや~、本当に疲れました。

まずびっくりしたのは、問題用紙にも一切の書き込み(線を引いたり、印も)がダメだということ。
もっとも、試験が始まってみたら、たとえできたとしても書き込みをする暇すらなかったということがわかりましたが(笑)。
リスニングは、何とかついていけたのは、最初のpart1の所くらい。part2の途中からもう殆どついていけなくなり、頭の中は空白状態でした。part3や4は「あらかじめ設問に目を通してからリスニングを聞くとよい」とhowto本に書いてありましたが、もうそんなどころではない。所々はわかるところがあっても、決まってそれは設問の答えとは直接関係のないところ(これもマーフィーの法則か、あるある探検隊のネタのようだ・笑)で、何の役にもたちませんでした(^^;

part5・6も何だかよくわからない。とりあえず分からなくても埋めてこようと、勘だけを頼りに、マークシートに答えを散らしてきました。最後のpart7になって少し分かるような所も出てきたのですが、それまでに時間を食いまくっているので、最後は時間切れ。もう残った箇所は、全部Dにマークしてきましたよ(やけ)。

2時間があっという間で、終わったらとても疲れました。
結果が来るのがコワイです。1ヶ月後にこれについて何の記事もなかったとしたら、結果は聞かないでくださいね(笑)

|

« 留守時の昼食 | トップページ | 京都近鉄百貨店が閉鎖 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/5135284

この記事へのトラックバック一覧です: TOEICとは:

« 留守時の昼食 | トップページ | 京都近鉄百貨店が閉鎖 »