« 越畑グルメそばラン | トップページ | 不思議な野菜 »

2005/09/02

重ね扇

いよいよ今日から、日本舞踊を習うことになりました。
こんな展開になるなんて、誰が予想したでしょう(笑)

着付け教室で一緒だったお友達のOさんに紹介されて、先生のお宅へ伺いました。
まりもともう一人Nさんという方と一緒に、今日から入門です。
先生は山村流という流派で、もう結構お歳をめしておられますが、教授一筋56年という超ベテランの先生。

真夏に戻ったような残暑が厳しい日だったのですが、がんばって家から着物を着ていきましたよん。

先生はとても気さくなさっぱりとした方で、他の生徒さんももう自分の親のようなお歳の方が多いようですが、気さくな方が多そう。和気藹々とした雰囲気です。
1年半に一度だけ内輪の発表会兼懇親会があるそうです。次回は今年の11月にあるそうで、いきなりそれに一曲踊らせていただけるようです。ひゃ~。
2ヶ月強しか時間がないので、いつもは一人ずつ独立して教授していただけるようですが、今回だけは特別にNさんと同じ「重ね扇」という曲を、その代わりお稽古は2人一緒に倍の時間かけて教えて頂けることになりました。
ん~、なかなかいい考え♪

早速、今日からお稽古です。
いきなり舞扇も手にして、歩き方、立ち方、扇の広げ方、手の使い方、視線・・・・といろいろ教わります。
最初は棒立ちで、身体も力が入ってまるでロボットのようでしたが、1時間みっちり教えて頂いた最後の頃には、ほんのさわりですが少し流れもわかりました。

日舞って、軽~く踊っているようですが、姿勢も重心もすごく大切で、結構筋力使います。腰が痛いです。
「最初の3回は、身入ってしんどいよ」と先生。本当にそんな感じです。
でも思っていたより、ずっと面白かった。はまりそう~(^-^)v

|

« 越畑グルメそばラン | トップページ | 不思議な野菜 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/5757622

この記事へのトラックバック一覧です: 重ね扇:

« 越畑グルメそばラン | トップページ | 不思議な野菜 »