« 丹後60km完走記(長文) | トップページ | 四月の雪 »

2005/09/21

健脚守

京都鴨川おこしやすマラソン」と「frun10年!記念シンポジウム」の広報営業活動で、御所の近くのKBS京都に行った帰り、護王神社という神社の前を通りかかりました。
この神社、足腰の神様なんだそうです。

~足萎難儀回復御守護~
御祭神和気清麻呂公が京より宇佐八幡宮へ向かわれた際、どこからともなく現れた三百頭ものいのししが宇佐までの道中を無事に案内したとき、清麻呂公が悩んでおられた足萎が不思議と治った故事により、足腰の健康保持や怪我・病気の回復には格別のご利益があるといわれています。
(神社リーフレットより)

そんなわけで、frunイベントの成功と、先日の丹後で傷めた足の回復、今後のランでの快走をお祈りをして、健脚守をいただいてきました。
kenkyaku

ちゃんと走る(歩く)人の柄になってるんですよ。
ほかにも「足の御守」、「腰の御守」、携帯ストラップ型のもあります。

今度のシンポジウムの分科会「京都を走ろう!」のコースの近くにあるので、ここもコースに組み込んでおこうかな。

|

« 丹後60km完走記(長文) | トップページ | 四月の雪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/6051211

この記事へのトラックバック一覧です: 健脚守:

« 丹後60km完走記(長文) | トップページ | 四月の雪 »