« PC復活 | トップページ | 天空の草原のナンサ »

2006/01/31

スタンドアップ

PCが不調だった間も、内職がなかったので暇でどんどん映画見に行ってました。
その中で、一番よかったのがこれ。
というか、ここしばらく見た中で一番よかったかも。

公式サイトはこちら → 「スタンドアップ

1980年代後半のアメリカの炭鉱を舞台にした、実話に基づいた話だそうです。
監督は、ニキ・カーロというニュージーランドの女性監督ですが、腹の底、胸の奥から「愛と勇気」がわき起こってくる映画になっています。

ストーリーは、
夫の暴力から逃れて子供2人と故郷の町に帰ってきたジョージー(シャーリーズ・セロン)が、子供を養うために父親も働く炭鉱で働くことになる。炭鉱は「男の職場」であり、そこでは女性はきわめて少数派で、侮蔑とセクハラを受ける毎日。かつての恋人にも暴力をふるわれそうになり、ジョージーは耐えかねて訴訟をおこすことにするのだが、周りの女性からすら孤立してしまうのだが・・・

と、本当に見るに耐えないセクハラや侮辱が続くのですが、ジョージーが負けずに立ち向かっていくのに感動をします。子供の父親のことでいろいろ中傷もあって、息子にすら信じてもらえなくなってしまうのですが、それでも子供たちに真の愛情を注ぎ、困難な道を切り開き、周りにも立ち上がる勇気を与えていきます。

本当の愛とは?本当の勇気とは?を教えてくれる映画です。
ジョージーの父親と息子の心情表現が見事。是非、一人でも多くの人に見てほしい映画ですね。

|

« PC復活 | トップページ | 天空の草原のナンサ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/8434583

この記事へのトラックバック一覧です: スタンドアップ:

» 一日目・・・。 [十代♀上京ほーむれす日記]
上京一日目・・・。 寒いぃ。宮城も寒いけどこっちも寒い。 新... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 22:54

« PC復活 | トップページ | 天空の草原のナンサ »