« 足で稼ぐ | トップページ | THE 有頂天ホテル »

2006/01/17

プライドと偏見

「プライドと偏見」といえば、大学時代の英語の授業の教材だったような気がしますが、内容は全然覚えてません。
その時は、あまり面白くもない話だったように思うのですが(もしかしたら授業がつまらなかっただけかも)、予告編で見てよさそうだったので、「プライドと偏見」を捨てて(笑)、見てきました。

公式サイトはこちら → 「プライドと偏見

いや~、何といっても、主役のエリザベスを演じたキーラ・ナイトレイがとても素敵でした♪
透き通った肌、聡明な顔立ち、同姓のまりもが見てもため息が出るほど綺麗。
演技も、凛とした雰囲気が漂ってて、とてもよかったです。

ベネット夫人役のブレンダ・ブレッシン。娘を嫁がせることや、家の財産がどうなるかなんてことばかり気にしてる母親の役がとても秀逸。物語を引き立ててました。

18世紀末のイギリスの上流階級?の生活って、こんなんだったのか~って、面白かったですよ。
音楽も映像もきれいだったし、落ち着いた映画ながら見所が多かったです。

もう一度、原書で読んでみようか・・・

|

« 足で稼ぐ | トップページ | THE 有頂天ホテル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/8208098

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

» ★「プライドと偏見」 [ひらりん的映画ブログ]
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。 [続きを読む]

受信: 2006/01/18 03:15

» プライドと偏見 [吾輩はナマケモノである。]
“アカデミー賞有力候補”との前宣伝が華々しい『プライドと偏見』、ひと足先に観てきました。 原作は読んでいないのですが『ブリジット・ジョーンズの日記』のモデルになった作品との事。 うん〜なるほど・・・・。 惹かれあいながらも、身分の違いや噂話、勘違いから反発する二人。偶然の出会いが重なり、誤解が解けた時二人は・・・・。まるでハーレークイン・ロマンスの世界でした。 女性が働く事も、相続権も無い時代、裕福な男性と�... [続きを読む]

受信: 2006/01/20 19:39

« 足で稼ぐ | トップページ | THE 有頂天ホテル »