« 木津川が思いやられる | トップページ | 木津川マラソン with a smile »

2006/02/03

節分の一日

今日は節分。
京都の節分といえば、吉田神社や壬生寺が有名ですが、まりもは毎年天竜寺の節分会に行きます。

今日は午後は日本舞踊のお稽古の日なので、午前中速攻で行ってきました。
天竜寺では、福笹に境内の七福神のお札をつけていただける七福神めぐりができます。
ちょっとスタンプラリーのようで、楽しいです。

まず門のところで福笹をいただきます(もちろん有料です)。
200602031
巫女さん、ポーズ!
200602032

反時計回りで、境内の七福神を巡っていきます。
最初のお寺は、大黒天。紺色のお札をつけていただけます。
200602033

次は毘沙門天。黒色のお札です。
200602034
こんな風に、それぞれのお寺でお参りすると、お札をつけてくれます。
200602035

次は寿老人。茶色のお札です。
200602036

次は福禄寿。緑色のお札です。
200602037

ところどころで、甘酒のお接待もあります。
結構北風も強くて寒かったので、暖かい甘酒でほっこり。
200602039

福引きもあります。
200602038

まりもも福引きしてみました。「1」という札が出たので、「やったー!一等だ~!」と思いきや、
当たったのは、福豆でした。
2006020316

さて、七福神めぐり後半。
次は恵比寿大神です。こげ茶のお札です。
2006020311

次は不動明王です。あれ、七福神に不動明王なんていたっけ?まあいいや、赤いお札です。
2006020312

最後は、弁財天です。白いお札です。
2006020313

本当は豆まきもあるのですが、時間が合わずに先に帰ってしまいました。
とりあえず、豆まきの舞台だけ。
2006020310

境内には、地元の小中学校の書き初めや絵画展もあります。う~ん、地元密着でいい感じですねえ。
2006020314

全部お札がついた福笹。こんな感じになりました。リビングに飾ってます。
もっとましなところがあればいいのですが。
(この場所、ネコが上っていたずらを始めたので、少し位置をずらしてネコの手の届かないところに変えました)2006020315

午後は、日舞のお稽古。今日はこんな着物です。
2006020317
母のお古の赤い黄八丈(赤い黄八丈ってのも形容矛盾ですが・笑)と、羽織。
羽織は別の着物とセットなのですが、あえて赤い着物と合わせてみました。
ちょっと裄が短いんですけどね。
こういう「赤い」着物を着てお稽古に行くと、先生や兄弟子(姉弟子?)さんたちから盛んに「かわいい、かわいい」と言われます(笑)

さて、夜は「恵方巻き」を作りました。
2006020318

家で作ると、薄味ですがあっさりしていておいしいです。かんぴょう、椎茸、高野豆腐、にんじん、せりを具にして巻いてます。
恵方の「南南東」を向いて、いただきました。
忙しい一日でした。

|

« 木津川が思いやられる | トップページ | 木津川マラソン with a smile »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/8489484

この記事へのトラックバック一覧です: 節分の一日:

« 木津川が思いやられる | トップページ | 木津川マラソン with a smile »