« ジャーヘッド | トップページ | ミュンヘン »

2006/02/15

南インド薬膳カレー

うちのダンナ、先日急にこんな本を買ってきて、「薬膳カレーを作ってくれ」と言うんです。

200602154

そんなこと急に言われても、いろいろスパイスを多用するだろうし、材料だっていろいろ変わったの使うだろうし、だいたいそんなものどこで手に入れるかわからないし・・・と思っていたのですが、ちらちら読んでみると、全部揃えなくてもなんとかなるかも。
今日、映画を見に新京極までいったついでに、河原町三条の「明治屋」に行って、ちょっと材料を仕入れてきました。

ターメリックくらいなら聞いたことあるけど、カイエンペパー、クミンシード、ムング・ダル・・・なんて初めて聞くな。
こんなのあるんかいなと思っていたら、結構あるんですね。それに、そんなに高くはない。一瓶(あるいは一袋)300~400円くらいで買えました。
200602152

帰ってきて作ってみたのは、ムング・ダルという緑豆の挽き割りでつくる「ムング・ダル・カレー」、「じゃがいもとにんじんのクミン炒め」、サラダみたいな「タマネギのアチャール」、それと適当にインド風に下味を付けて焼いたチキン。ご飯はさすがにインディカ米ということはない普通の胚芽米だけど、普段のお茶碗だと「インド」の感じが出ないので、こんな器に入れてみました。冷蔵庫に残ってた飲むヨーグルトも「ラッシー」代わりにちょうどよかったわ。
200602151

ムング・ダルという豆はこんなのです。
200602153

豆というより、麦とか雑穀のような感じです。これを洗って4、5倍の水で煮て、ニンニクやショウガ、トマトのみじん切りと、カイエンペパー・ターメリックも加えて豆がつぶれるまで煮ます。時間かかるかな~と思いましたが、意外に早く煮えました。で、最後にバターを溶かしてクミンシードと鷹の爪を加えて香りをつけた香油を加えてできあがり。
あまり辛くありません。どちらかというと甘いです。豆の味がはっきりします。

じゃがいもとにんじんのクミン炒め、本当は本にはカリフラワーで出ていたのですが、カリフラワーがなかったので、これにしてみました(本には、いろいろな野菜で出来るって書いてあったので)。辛みがきいて、いかにも「インド!」って感じです。

チキンは本当はタンドールチキンみたいに作ればいいのだろうけど、作り方も知らないし、適当にマスタードシードとかブラックペパーとか、ショウガ、塩なんかを揉み込んで、ただサラダ油で焼いただけです。でも結構それらしい味がしましたよ。

意外に簡単にできたので、またいろいろ試してみることにしましょう。スパイスも放っておくとしけちゃうしね。


|

« ジャーヘッド | トップページ | ミュンヘン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/8677769

この記事へのトラックバック一覧です: 南インド薬膳カレー:

« ジャーヘッド | トップページ | ミュンヘン »