« またPC交換 | トップページ | ジャーヘッド »

2006/02/12

しもつかれ

このタイトルだけで、ピンとくる人。あなた栃木県人でしょ。

今でこそ、京都の人間のようなフリをしておりますが、実はまりもは栃木県人であります。
「しもつかれ」・・・それは、栃木県周辺に伝わる大変奇妙?不気味?な郷土料理です。
日本広しといえども、たぶん最強(最恐?)の部類に入る料理といっても過言ではないでしょう。

まりもの母方祖母が県外人だったので、母も「しもつかれ」を作ることもなく、まりもが食べることもめったにありませんでした。子供の頃に1,2度食べる機会はあったものの、子供の口にはちょっと(全然?)合わず、ほとんど食べずに終わりました。
それがなぜか、今になって作って食べてみようと思い立ったんですね。

材料は、塩鮭の頭、大根、人参、煎り大豆、油揚げ、お酢、酒粕。
こちらのサイトの作り方を参考にさせていただきました。
作るのに、「鬼おろし」という竹製のおろし金(竹だから金じゃないか・笑)を使うので、母に頼んで送ってもらいました。
2006shimotukare1

この料理は、節分の後の初午の日に作って食べることになっています。お正月の新巻鮭の残った頭や、節分の豆まきの残りの煎り豆を使うということで、材料を無駄にしない先人の知恵が活かされた料理といえるでしょう。
「塩鮭の頭」なんて、どうやって手に入れるのかわからなかったのですが、たまたま「らでぃっしゅぼーや」のカタログに、鮭児(塩鮭の高級品)・頭付きというのが出ていたので、それを注文して取り寄せました(めちゃ高かったよ~)。

さて、作っていきます。
まず、鮭の頭に熱湯をかけ、2センチ角程度に小さく切り、お酢と一緒に水から煮て、よくアクを掬っていきます。弱火で3時間ほど煮るので、家中に鮭とお酢の臭いが充満します(^^;。
その間に、大根と人参を「鬼おろし」ですり下ろします。目が大変荒いので、すり下ろすというより、砕きつぶすという感じです。鮭の頭が箸でさっくりとほぐれるくらいまで煮上がったら、煎り大豆とすり下ろした大根、人参、油揚げを入れて、さらに1時間ほど煮ます。最後に酒粕をほぐして入れ、塩、醤油、砂糖などで適当に味を整えてできあがりです。

できあがりは、こんな感じです。
2006shimotukare3

正直決して「うわ~、おいしそう~!」という感じではありません。
一見すると「ゲ○」のようです。臭いも味わいもお酢と酒粕が入っているためか、一つ間違うと何となく「ゲ○」を彷彿されるものがあります。正直自分でも高い材料費と時間もかけて何でこんな「ゲ○」みたいなもん作ってるんだろと、思ってしまいました。

煮物は一般に暖かいところを食べるのがおいしいものですが、「しもつかれ」に限ってはそうではありません。
キーンとするほど冷やしたものを食べるのがおいしいといわれています。というか、たぶん暖かいままだと、においが結構ムっとして鼻につくものがあるからでしょう。
9日に作ったのですが、初日は冷やし方が足りなかったせいか、決しておいしいとは思いませんでした(笑)

たぶんこれはまりも以外の家族はぜ~ったい食べないだろうな~と思ってはいましたが、案の定ダンナは一口食べてギブアップ(特に彼がこの前日にノロかロタウィルスあたりにやられて、吐き気がしていたこともタイミング的に大失敗でした)。息子に至っては、においだけで「絶対食べへん」と断固拒否状態。
鍋いっぱいの「しもつかれ」。冷蔵庫にタッパーに入れて保存してまりも一人で、コツコツと食べていきますよ(^^;
それでも、冷やすと味が熟れてくるのか、はたまた慣れてくるのか、だんだん食べやすくなってきました。
お酒と一緒に食べると、なんとか食べられます。まだおいしい~とまではいきませんが。
2006shimotukare4

あの独特のにおいの元となるお酢や酒粕は家によっては入れなかったりするらしいし、今度作るときは、ちょっと加減してみようと思います(家族からは二度と作るな!と言われています・爆)

|

« またPC交換 | トップページ | ジャーヘッド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/8623755

この記事へのトラックバック一覧です: しもつかれ:

» 粕汁 [京丸堂]
まだ走れません。でも、じわじわっと少しずつですが治ってきたような気がします。待っ [続きを読む]

受信: 2006/02/12 18:25

« またPC交換 | トップページ | ジャーヘッド »