« バンクーバー速報 | トップページ | フレンドシップラン »

2006/05/10

マラソンコース下見

バンクーバーマラソンはすばらしい街並みや美しい自然の中を走るコースでした!
本当は当日にカメラを持って走ろうかと思っていたのですが、天気が悪くなりそうだったので、前々日にレンタルバイクでマラソンコースを下見した時の写真を紹介します。

バイクを借りたお店、Simons・Bike・Shop。本格的なバイクショップでした。
ダンナへのおみやげ(カナダのナショナルチームジャージ)もここでゲット。
200605051

まず、スタート・ゴールは、BC Place Studiumというところです。
ちょうど手前のゲートのようなものがゴール、奥がスタート地点です。
200605052


スタートしてすぐ右手に、変わった建物が見えます。Science World BC(科学博物館)だそうです。万博の名残の建物だと聞きました。太陽の塔みたいなやつかな?

2マイル(折り返して6マイル)付近。

着々と準備が進んでる様子ですね。この辺りはコースの前半なので、駐車規制も11時までです。
200605055

スタート後4マイルで引き返し、ほぼ同じ道をたどってスタート地点近くでぐるぐると回り、東に向かって進みます。
8マイル付近。中級住宅地という感じです。
200605056

この先、道が曲がるところがわからなくなり迷ってしまいました。通りかかった子連れのお父さんに道を尋ねると、コースの道は複雑でわかりにくいらしい。大通りを行くように言われました。

何とか、コースに戻ることができ、観光地で有名なギャスタウン。10マイル付近です。酒場の主人のギャシー氏が地名の由来とか。バンクーバーの発祥の地だそうです。
200605057
この像の反対側で、映画か何かの撮影をしていました。人たちの見ているのはそれ。
スタッフに「有名な俳優さんですか?」と聞いたけど、そうでもないみたい。

海岸沿いの大通りを通って、スタンレーパークに向かって進みます。
200605058

本当は一本内側の通りがコースなのですが、折角なので海岸沿いのサイクリングロードを行きます。
対岸の北バンクーバーが見えて、大変きれいな風景です。
200605059

2006050510
山の上にはまだ雪が残っているようです。海の中にスタンドがあるのがわかりますか?これは船のためのガソリンスタンドなんだそうです。

イギリスから旅行中のご婦人に写真を撮って頂いたりして、ちょっとおしゃべりできました。この日は穏やかな日よりだったのですが、こういう日は“a peaceful day”っていうんですねえ。

Stanley Parkに入って行きます。ここも本来のコースより海側のサイクリングロードを行きます。
スコットランド風の服の人たちが演奏してました。
2006050511_1

2006050512
以前は、この少し西側にあるLions Gateを渡って対岸に見える工場の中を走ったらしいのですが、コースの評判が悪くて変更になったそうです。

コースのちょうど中間の当たりで、面白いバイクに乗ってる親子を発見。
2006050513
大人のタンデム車は見たことがあるけど、こんなのは初めてです。とても楽しそうでした。

14マイル過ぎから海岸線を離れ、Stanley Parkの中を突っ切ります。
この辺り上り。バイクではギアを軽くしたのでそれほど気になりませんでしたが、当日は結構坂でした。
2006050514

道を小動物が横切ったので、何かと思ったら黒いリスでした。
2006050515

公園を出ると、Lost Lagoonという池があり、その北側を回ります。
2006050516
暗い感じですけど、逆光のせいです。

道の感じは、明るいし。この辺りで25k付近。
2006050517

English Bay沿いの道に出ます。進路右側は海。左側には高層住宅が並び、バンクーバーだったかカナダだったかの人口密度の一番高いところだそうです。
でも、ゆったりした感じですよ。日本とは全然違います。
2006050518

ずっと、サイクリングロードが続いているのですが、バイクの他にもインラインスケートも多いです。
老若男女が滑ってます。
2006050519

このコース最大の難所といわれるBurrard Bridge。25~30mくらい上ります。
2006050520

橋を渡ると、Kitsilanoと呼ばれる地域に入ります。今注目のスポットとか。
もう1時をまわっていたので、お腹もペコペコ。インド料理のカフェで昼食を取りました。
人の良さそうなインド人夫婦が経営してるお店。ドリンクはマンゴラッシーだったのですが、これが絶品でした!

30k付近。
2006050522

海岸に出ると、後方にDowntown(右側のビルの集中しているところ)とStanley Park(中央)が見えます。
またこれが美しい海岸!
2006050523

付近は高級住宅地。
こんなかわいいアパートもあるけど、
2006050524

大きなお家ばかり。まるで田園調布のような雰囲気です。ああ、こんなところに住んでみたい。
2006050525

面白いのは、門や玄関のところに、表札ではなく地番が大きく書いてあること。外国はそうなのかな?
でも、住んでいる人が変わっても地番は変わらないから、この方が合理的ですね。

20マイル過ぎの折り返し手前。Kitsilanoは、小さい丘が多くちょっとしたアップダウンが続きます。レースの後半にこれがどう響くのか・・・
2006050527

一部を除いてほぼ同じ道を引き返して、再び先ほどのBurrard Bridgeを渡って、ゴールへ向かいます。
2006050528
この橋で約40k。最後の上り下りはきつい。

橋を過ぎれば、あとはもう少し。正面の白いドームがBC Place Studiumのゴールです。
2006050529


【おまけ】

地元ではこのバンクーバー国際マラソンよりも、“SUN RUN”というランイベントがすごいらしいです。10k主体ですが、毎年4月の中旬にあって、5万人規模のランニングの祭典なんだそうです。ガイドさんの話では、とても楽しいらしい。近ければ出るんだけどなあ。
2006050530


|

« バンクーバー速報 | トップページ | フレンドシップラン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/10005987

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンコース下見:

« バンクーバー速報 | トップページ | フレンドシップラン »