« 悉皆屋さんに挑戦 | トップページ | 続・履修不足問題に思う »

2006/10/28

履修不足問題に思う

全国の高校で学習指導要領に定められた単位の未履修問題が相次いで発覚しています。もう既に7万人以上となっているとも。どうやら我が母校でも履修不足があったようです。

昨日今日に始まった問題ではないのに、何故今、急にこんなに問題が表面化のでしょう。
受験も卒業も控えた3年生がかわいそうです。彼らは全然悪くないのに。
文部科学大臣は、「特別な配慮はしない」などと言い放っているようですが、結局今までの監督責任はどうなんでしょう。もちろん学校も教育委員会も悪いと思いますが、教育委員会や学校に責任をかぶせるだけが文部省じゃないと思うのですが。

とにかくただでさえナーバスになっている当該の高校生達に、無理矢理負担を押しつけるだけで解決するのはやめてほしいです。大体そんな風にアリバイ的に履修したところで、それは本当に学んだといえるのでしょうか。とにかく高校生自身には何の責任もないのだから、文部省も教委も学校もとにかく彼らのことを最優先に考えた解決方法をとってもらいたいと思います。

ゆとり教育とか何とかで、授業時間数が減っている一方で、情報とか総合とか新しい教科は増えるし、大学入試は相変わらずの内容だし・・ということはやっぱり矛盾があるんですよ。安倍総理も、大学の9月入学なんてこと言い出す前に大学入試で改革すべきことはたくさんあるのではないでしょうかね。

|

« 悉皆屋さんに挑戦 | トップページ | 続・履修不足問題に思う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60859/12462021

この記事へのトラックバック一覧です: 履修不足問題に思う:

» 文科省が未履修救済策に着手 「減単」や補習で [まみの向日葵日記]
未履修問題が山のように出てきてますね。今後もドンドン出てくると思います。受験生はタイヘンダァ!! ヾ(゜ロ゜*)ツ三ヾ(*゜ロ゜)ノ タイヘンダァ! [続きを読む]

受信: 2006/10/30 00:47

« 悉皆屋さんに挑戦 | トップページ | 続・履修不足問題に思う »