« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

ネコ風邪蔓延中

9月に我が家にやってきたチビネコのエフ。
元気でチョロチョロと動き回るのですが、ずっと風邪気味で、ハクション、コンコンしてたんです。
ネコは普通涙を浮かべないのですが、エフはずっと涙目で、目やにも一時ひどくて、病院で目薬をもらったりしてたのですが・・・

続きを読む "ネコ風邪蔓延中"

| | トラックバック (0)

2006/11/22

福知山マラソンDNS決定(涙)

今年のメインレースとして、サブ4のリベンジをかけてきた大会ですが、
突然の事情でDNSになりました。


続きを読む "福知山マラソンDNS決定(涙)"

| | トラックバック (0)

2006/11/21

ゴールデンエイジ

小学生の息子が、ここのところずっと「GOLDEN★AGE」というコミックの2巻を探しています。


続きを読む "ゴールデンエイジ"

| | トラックバック (0)

2006/11/18

ランニングIQトレーニング

ブログでいつもお世話になっているまささんが、また面白いサイトを発表されました。

ランニングIQトレーニング

ランニングしてるときに必要な、そうでないような、頭のトレーニングだそうです。
さっそくためしてみましたが、タイムトライアルなので結構焦りますよ。

「ぼちぼちライフ」からもリンクはらせていただきました。時々試して、脳を活性化しないと!


| | トラックバック (0)

紅葉はいかほど・2

桜の時期と、紅葉の時期は、何か落ち着きません。
今日も紅葉を求めて、清滝から東海自然歩道、北嵯峨にかけてをジョグしてきました。

200611181

嵯峨野、落柿舎の近くの紅葉。

続きを読む "紅葉はいかほど・2"

| | トラックバック (0)

2006/11/16

はぁ~(ため息)

今日は息子の小学校の学芸会。
息子は、ダンスパフォーマンスをすることになっています。

続きを読む "はぁ~(ため息)"

| | トラックバック (0)

2006/11/15

紅葉はいかほど

新聞の紅葉だよりで「大覚寺」が見頃となっていたので、カメラ持ってジョグしてみました。

200611151

広沢池 まだ見頃というほどではないですね。山の麓の裾模様もまだ薄い。

続きを読む "紅葉はいかほど"

| | トラックバック (0)

手紙

最初は観るつもりはなかったのですが、新聞などの評が結構よかったので、
東野圭吾原作の「手紙」、観てきました。

公式サイトはこちら → 「手紙

続きを読む "手紙"

| | トラックバック (0)

2006/11/09

同じ失敗を繰り返す

淀川ハーフの後、速攻で帰って仕事。次の日も仕事して、夜には大阪で用事があったため、帰りが遅くなる。
喉の調子がおかしいな? と思っていたら、みるみる風邪ひいた。

咳も出るし、鼻も詰まるし・・・で、福知山の練習どころじゃありません。
毎年、11月には風邪ひくなあ。急に寒くなったりするからかなあ。
去年もそれで福知山病み上がりで参加。一昨年は特殊事情(親知らずを抜くために入院)だから別として、その前も風邪でつくばマラソンDNS。
同じ失敗を繰り返すなんて、本当に馬鹿。

走れないけど、映画観てきました。
大沢たかおのファンなので「7月24日通りのクリスマス」。楽しみにしてたけど、なんだこりゃ??
少女漫画だな。風邪悪化した。

| | トラックバック (0)

2006/11/05

ハーフ自己ベスト!

淀川市民マラソンのハーフに出ました。
練習の甲斐あってか、自己ベスト大幅に更新。100分切りを果たしました。
福知山にも、少し光明がさしてきたかな。またがんばります。
1時間39分24秒
24位/236人

| | トラックバック (0)

2006/11/02

続・履修不足問題に思う

補習は50時間あたりに落ち着くのでしょうか。春休みに50時間の缶詰補習して、その科目の面白さがわかるのだろうか?先生も生徒も大変だ。

前回も書きましたが、抜本的な問題は大学入試との乖離だと思うのですね。
授業時間は減るわ、科目数は増えてやたら「面倒くさい」科目が必修になってるわ(あえて教科名は伏せますが)、一方で大学入試は科目数が減ったり、問題も旧態依然とした細かな知識を問うような内容になってたり・・・とすれば、まさに矛盾は高校と生徒にかぶさってくるわけです。

たとえば世界史では何を学ぶのでしょうか。
「何とか朝」が何年に起こって、「ほにゃらら事件」が何年に起こって・・・なんてことだけ覚えたって、すぐに忘れてしまうだけじゃないのかな。
たとえば、何故今、イラクでは内戦のような状態が続いているのか なんてことも本当は世界史の領域だと思うけど、そんなことが学べるような内容で勉強した方がよほど為になると思うのですが。

細かなことは別に覚えなくてもいいと思うんですよ。専門家にでもならないかぎりは。
大学入試は、細かなことじゃなくて論文にすればいいと思うんですけど。
参考書でも何でも持ち込みにしてね。
それもすごく大局的な内容でね。
それに、センター試験は全科目(芸術とか家庭とか「情報」とかも)必修。
そうすれば、受験に関係ない教科なんてなくなりますよね。

まあ、でも、ほっておいたら大学はしないでしょうけどね。
(私もかつて大学で働いていたから、わかります)
せっかく大学全入時代がきてるのだから、そこのところ根本的にメスを入れたらいいのに。

| | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »