« めぞん一刻 | トップページ | 大人の公文英語教室 »

2007/05/29

鯖街道ウルトラマラソンBコース

開催から10日もたって、ようやく記事アップです(^^;

5月20日(日)、一度出たいと思っていた鯖街道に出てきました。
本来は、若狭湾の小浜から、山道を通って京都の出町までの76km(Aコース)でしたが、最近途中から参加できる42kmのBコースが出来たので、まずはそちらからです。

前日は、安威川駅伝でfrunチームで3km走ってきました。
タスキを受け取ってから最初に突っ込んでしまって、500mも行かないうちに潰れてヘロヘロ。はぁ~。
終了後の焼きそばパーティも、後ろ髪を引かれまくりながら、参加しないで帰って翌日の準備。

天気がずっと気になっていたのですが、天気予報では「雨」ということにはなっていませんでした。
でも、北部へ行くほど降水確率が高い。気温も低そうなので、降られると辛いなあ。
ウェアは、長袖・長タイツ・手袋・帽子とフル装備。リュックにウィンブレも入れておきました。

集合地点で、kikiさんにお会いしました。スタート地点の梅ノ木までバス移動ですが、その中でずっとおしゃべりして楽しかった。
途中から雨が降り出す。結構降ってます。どうなるやろ、ちょっと心配。
沿道の気温表示は10℃を指してます。5月の気温と違うやろ・・・
下で10℃やったら、山の上は何度やねん・・・

スタート地点も雨。とりあえずウィンブレを着ておきます。梅ノ木には、お店が1軒あるだけ。あとは何もなし。
2007052001

スタートしてから7km地点の久多までは、車道を上ります。これが結構な上り。kikiさんとぼちぼち行きますが、少しずつ徐々に間が開いていきます。4km地点でAコースと合流。Aコースの人たちは既にここまでに30km以上も走ってきてるんやもんなあ。

久多のエイドで一休み。バスの中の説明ではBコースにはおにぎりなしといわれましたが、エイドではどうぞどうぞとの事でしたので、ありがたくいただきました。
ここから山道です。
2007052002
kikiさんの背中が、どんどん小さくなっていきます。

2007052003
次第に傾斜がきつくなってきて、歩き出す人続出。

2007052004
林道が終わると、オグロ坂のつづら折り。もはやだれも走る人なし(笑) 登っても登ってもまだ上に道がみえます。

2007052005
途中までは杉の植林でしたが、上がるにつれてブナ林が美しいです。空気もおいしいです。
この辺りで、声をかけられました。誰だろうと思ったら、一昨年丹後ウルトラマラソンでご一緒したRさん。先日も京都シティハーフでお会いしましたが、今日も親子でご参戦です。

2007052006
ようやく上り詰めて、八丁平に着きました。ほっと一息つけます。

2007052007
八丁平は、関西では珍しい高層湿原です。前に一度MTBで来たことがありました。
コースはややこしいと聞いていましたが、前の人が見えるし、わかりにくいところには誘導の人がいるので、全然心配いりませんでした。

2007052008
これはイワカガミの一種かな?

2007052009
八丁平を過ぎると、今度はどんどん下っていきます。
下り終わったら、尾越のエイド。ひやしあめなんかがあって、なかなかユニークでした。

そこから林道を行きます。
2007052010
次の大見のエイドでは、お味噌汁がありました。雨はまだ完全に上がってないので、気温も低く、暖かいお味噌汁が身体に染みます。

そこからこんどは大見尾根。ここも以前MTBで来たことがありましたが、とにかくガレて急な道だった記憶がありました。この日も、雨で道がドロドロ。大きな水たまりもたくさんあって、走りにくいのなんの。
2007052011

次の杉峠はfrunのエイド。楽しみにして行くのですが、なかなか着かないです。長い!

2007052012
あっ、花脊峠の鉄塔が見えてきた!あと少しかな?

2007052013
おおっ、frun幟がっ!もう少しやっ!

エイドに着くと、皆さんが「まりもさんが、帰ってきたで~っ」と熱烈歓迎してくださいました。
おそうめんもあって、美味しかったです。お代わりもしてしまいました。
2007052014

ゆっくりしていきたいけど、ゆっくりしすぎると走るのがいやになってしまいそうなので、また走り出します。
ここからは、わずかで花脊峠。そこからは舗装の車道の急な下りです。この道も、以前に何度も自転車で来たことがあるので、よく知った道です。(ランニングで来たのは初めてですが)
脚がどんどん出て行ってしまいます。あまり飛ばすと、最後の鴨川が走れないかもと思うのですが、まあ成り行きにまかせていきましょう。
2007052015
もう少しで鞍馬温泉のエイド。この辺りまで来ると、結構下りてきたなあという感じです。

2007052016
鞍馬の街並み。
この辺りから、車がかなり増えて、走りにくいです。細いところでは止まって車をやり過ごさないとなりません。
叡電の貴船口の辺り、随分道が広くなっていてびっくりしました。そういえばこの道もう、10年以上も来ていないのだわ。

2007052017
鞍馬街道を離れて市原のゴミ焼却場のバイパス。歩いたり走ったり。

高橋から産大の脇を通って鴨川に出ます。残り5kmで3時30分。キロ6分で行ければゴール6時間を切れますが、無理しないでぼちぼち行きます。
2007052018

1ヶ月ほど前に「鴨川ゆっくりラン」というイベントで、この辺何度も走ったので、距離感覚が残っていました。お散歩の人などから、時々声援を受けます。嬉しいなあ。

出雲路橋で対岸に渡りますが、そこでボランティアのわか練のOさんと遭遇。また声援をもらって元気の補充。
ここまで来ればもう少しです。

最後の橋をくぐってゴールが見えてきました。放送で名前を呼んでくださいます。嬉しくて、両手を振って応えます。
2007052019
6時間7分41秒でゴール。完走できました!
先にゴールしていたkikiさんがお出迎え。どうもありがとうございました。
その後、Rさん親子もほどなくゴール。一緒に写真撮ったりしました。
参加賞として、焼き鯖、ビール2本をもらって、注文しておいた鯖寿司を受け取って、豚汁をよばれました。
寒い一日だったので、ビールには手が出ませんでした(^^; 豚汁がおいしかったです。

帰って、焼き鯖と鯖寿司とビールをいただきました。
鯖寿司絶品。
2007052020

焼き鯖も絶品。写真撮る前に食べてしまいました(^^;
こんなおいしい焼き鯖食べたことないと評判を聞いていましたが、まさにその通りでした。

楽しかった鯖街道。来年も出たいです。


|

« めぞん一刻 | トップページ | 大人の公文英語教室 »