« なにわ寺町マラニック PART1 (オプション新世界&飛田探検) | トップページ | なにわ寺町マラニック PART3 歴史の散歩道編 »

2007/11/12

なにわ寺町マラニック PART2 天王寺七坂編

111030

大阪にも~、あったんだ~。こんな~、すてき~な~坂が~♪
(福山雅治に歌わせたい・笑)

東京生活中に、「坂」に目覚めました。「坂」、大好きです。
(けっして、上りが好きなのではありません。あくまで好きなのは「坂」)

今回のマラニックも「天王寺七坂」を巡ると聞いて、すごく楽しみにしておりました。

オプションの「飛田探検」を終えて、再度新今宮で、たけしたさんと合流。
再び新世界を突っ切って、動物園を抜けて、大阪市立美術館前を北へ。

111021
右手は茶臼山古墳、右手は一心寺。
なかなか雰囲気のいいプロローグにワクワク。

111022
一心寺の山門です。モダンな山門ですね。暗くて仁王さんがよく映ってないのが残念。
一心寺というのは、宗派問わず、納骨を受け付けてくれるお寺なのだそうです。

111023
境内奥の納骨堂にはたくさんの人がお参り。中に祭られている何体かの仏様は、納骨された骨で作られたそうです。

111024

一心寺を出ると、目の前の道路が七坂の一つ「逢坂」。国道25号線です。
大阪の地名の由来になった坂だそうです。そういえば京都にも「逢坂山」があるけど、関連はあるのだろうか。

111025
国道を渡るとすぐに「安居神社」がありました。
この神社は、その昔、ここから菅原道真公が太宰府に流されたところであり、大阪夏の陣で真田幸村の最期の地になったところだそうです。ここから西に向かっては急崖になっており、大昔はここから西は海だったことが伺えます。

111026
安居神社のすぐ北側にある、「天神坂」。安居神社(天満宮)にちなんだ坂でしょうね。
雰囲気がいい坂です。
天王寺七坂のうち、6つまでは東から西(松屋町筋)に向かって落ち込んでいます。太古はここから西が海であった名残です。

111027

111028
その北側には、「清水坂」。この坂を上がったところに「新清水寺」があるところからの命名のようです。ゆるやかな階段の名坂ですね。下りたところで道が二股になっている雰囲気もなかなかのもの。
そのあたりに大阪市内唯一の「玉出の滝」というのもあるそうですが、今日はわかりませんでした。
次にゆっくり来ることがあれば、また寄ってみましょう。

清水坂の北側は「大阪星光学院」という有名な進学校で、この学校を回り込むように進み、次の坂へ。
1110285
「愛染坂」。この坂を上ったところに、勝鬘院(しょうまんいん)「愛染堂」があるところからの命名。右手の工事中が残念です。坂下で写真を撮ったりして休んでいたら、星光学院籠球部の生徒諸君がランニングでやってきました。結構急な坂なのに、この坂を一気に駆け上っていきます。若いねえ。
まあ、我々も一応ランナーですし、ランニングの格好で来てますので、一応走って上りました。

111029
愛染堂の境内にある、有名な「愛染かつら」。
実は恥ずかしながら、「愛染かつら」の「かつら」は、頭の「かつら」だと思っていました(滝汗)
かつらの木に、かずらが巻き付いていて、縁結びの霊木だそうです。

111030_2
愛染堂から北に向かって、松屋町筋に向かって下りる「口縄坂」。
「口縄」とは「蛇」のことで、この坂の表面の形状が蛇に似ているというところからの命名のようですが、階段になっているためか、全然蛇のようにくねってはみえません。
でも、雰囲気は最高。

111031
記念撮影でーす。

111032
しばらく松屋町筋を北に行って、次の坂。「源聖寺坂」
正面の住宅の前から右にカーブしていて、そのあたり階段になっている急坂です。
上り切ったところの縁石に、
111033
文化年間と刻まれています。歴史を感じさせますね。
住宅奥の球体が何だか気になりましたが、どうもラブホテルの飾りのようです。なぜか坂を上がった一体にその手の施設が数件・・・

111034
「生國魂神社」。ここは初代天皇の神武天皇がお建てになった最古の神社だそうですが。
中でジュース休憩。ほっと一息(ってこれまでも一息ついてばかりでした・笑)

境内には、女性の守り神の「鴫野神社」というのがあるというので、みんなでお参りしてきましたよ。

111035
生國魂神社から北側に延びる「真言坂」。七坂の中で、この坂だけは東西でなく南北に通っています。下りたところの大きな通りは千日前通。

もうお昼もかなり回って、ちょっとお腹がすいてきました。たこやき食べただけで、ウロウロしてましたからね。
そろそろお昼の時間かな~?

(PART3に続く)


|

« なにわ寺町マラニック PART1 (オプション新世界&飛田探検) | トップページ | なにわ寺町マラニック PART3 歴史の散歩道編 »