« なにわ寺町マラニック PART2 天王寺七坂編 | トップページ | ワコールのバーゲン »

2007/11/15

なにわ寺町マラニック PART3 歴史の散歩道編

歴史は得意じゃないよぉ~。

坂道探索でお腹がすいた一行は、チェーンスーパーの「スーパー玉出」でお昼の買い出し。
お総菜やらお弁当が安いわ。100円台で、一人前の食べ物があるある。

まりもは「バクダン」とコロッケをゲット。
111037

ちょっと写真がぶれてしまいましたが、この巨大なおにぎり。食べ応えがありそうです。
原材料に「シャケ」ではなく「シャゲ」と書いてある・・・「シャゲ」って一体・・・

高津宮でお昼です。
111036

バクダンはこっそりと大口で
111038
(たけしたさんご提供)

高津宮は仁徳天皇が建てられた神社で、高台のここから町を見渡した仁徳天皇が、立ち上るかまどの煙の乏しさに人民の窮乏を察して、直ちに諸税を止めて庶民を救済されたという言い伝えがあるとか。
111039

大阪市歌にも「高津宮の昔より代々栄えをかさねきて民のかまどに立つけむりのにぎわいにまさる大阪市・・・」と歌われているそうです。へぇ~。

小腹も満足した一行は、再びマラニックを続けます。

谷町筋にある近松門左衛門の墓。
111040
暗くて写りが悪いですが、ビルの谷間の、本当に素通りしそうな路地の奥にあるんです。
案内してもらってなければ、絶対わかりません。

111041
近松門左衛門の墓のすぐ北にある、道の真ん中のお宮。
道路拡張工事か何かでこのご神木を切り倒そうとしたら、次々と事故やら何やらで祟りがあったそうです。
そういえば、そんな話をどこかで聞きました。いかにも曰く付きの感じが漂っています。

111042
真田山。大阪冬の陣で、大坂方の真田幸村が南方の守りを固めるために出城としてこのあたりに布陣したということです。今では、近代的なスポーツ公園になってしまって、全然その面影もありません。

すぐ北側にある三光神社。
111043
真田の抜け穴跡だそうです。中には入れません。

111044
そして記念撮影。真田幸村像前。

ここから大阪城方面をめざして北に走ります。
途中刑務所みたいな高~い塀があるので何かと思えば、大阪女学院でした。お嬢様学校ですから、簡単に覗けないようになってるのでしょうか。。

【豆知識コーナー】
大阪の地番は、大阪城に近いところから1丁目、2丁目・・・とついているそうです。
だから、大阪城をぐるりと囲むように、1丁目、2丁目・・・の輪ができるわけですな。
へぇ~ (70へぇ・古)

この井戸は何だったっけ?まほろん先生のテストで、赤点くらうな~。
111045

そして、大阪城にぶつかり、阪神高速東大阪線に沿って西へ少し行くと、難波宮跡。
111046

大化の改新で、遷都されたんですか。もう全然わからんわ・・・
このあたり、地面を掘るといろいろ出てきて大変なので、高速も高架にせずに、地面にそのまま作られてるだそうです。古い都はどこも大変だ。

ここからは、上町筋をずっとひたすら南へ走ります。途中でも、外堀通や空堀通の名前の由来やら、いろいろためになる講義をたくさん伺いました。(でもほとんど忘れました・謝)

唯一はっきり覚えているのは、
上六を少し下がったところの「国際交流センター」のレストランは、天王寺都ホテルの直営で、めちゃおいしいランチが1000円。デザート食べ放題。ということ(爆)

四天王寺につきました。
111047
拝観料がかかるので、伽藍の外から見学。
四天王寺は聖徳太子が建てたんですね。さすがにこれだけは知ってました。

大阪の小学生が遠足で行くという境内には「亀の池」があるというので、みんなで探しました。が、池は発見したものの肝心の亀がいない。夕方なので営業時間が終了だったのかも(笑)

四天王寺の門前すぐに、まほろんさんおすすめの「釣鐘まんじゅう」屋さんがあるというので、おやつタイムを楽しみにしていたのですが、何と閉店になってる(涙)
落胆していたら、すぐ近くに別の釣鐘まんじゅうを売るお店を発見したので、お土産に買って帰りました。

ここから再び逢坂を下って地下鉄の恵美須町駅へ。
皆さん、ここから新世界で串や鍋の大宴会をされるのですが、まりもは家で待ってる息子にご飯を食べさせないといけないので、後ろ髪をひかれまくりながら、ここから電車乗って帰りました。

いや~、楽しいマラニックでした。お勉強にもなりました。
大阪の魅力再発見です。

走行距離:17.1km

|

« なにわ寺町マラニック PART2 天王寺七坂編 | トップページ | ワコールのバーゲン »