« 涸沢山行記(4)さらば涸沢 | トップページ | 夏の終り »

2008/08/19

六甲トレイルデビュー

7月26日、甲子園で阪神×中日のナイターを見に行くことになっていたので、
その前に初めて六甲のトレイルに行ってみました。

阪急芦屋川駅-高座の滝-風吹岩-雨ヶ峠-七曲り-一軒茶屋-最高峰-極楽茶屋跡-紅葉谷道-有馬温泉 13.9km

9:18 阪急芦屋川駅
土曜日ということもあって、ハイカーが結構いました。
アクエリアス1本買って出発。今日も晴天。暑くなりそうです。
2601ashiyagawa

さすが芦屋。大きな家が多いです。坂も急です。走れる所までは走りましたが、すぐに歩きになりました。
それでも、先行のハイカーをパスしていきます。
2602ashiya

9:37 高座の滝の茶屋 
休憩している人が多いので、休まずに先に行くことにしました。
2603kouzanotaki

ロックガーデンというくらいで、花崗岩の岩場が出てきました。
多少手を使いますが、それほど困難なルートではないので、楽しく上れます。
2604iwaba

おおっはしごだ!上ろうとするとグラグラして結構怖いです。
2605hashigo

10:06 風吹岩着
一休み。アクエリアス飲み干しました。海の方までずーっと見えて眺めがいいです。
京都の山ではさすがに海までは見えないので、新鮮な風景です。
2606kazefuki

ネコがいました。ネコ大好き!構わずにはいられません。
2607neko
野良なのかな?全然人も恐れないけど・・

ここからは比較的平坦な道で走りやすい。
2608

今日のシューズはスポルティバ。軽くて走りやすいよ。アフターの甲子園にもカラーぴったり(笑)
2609kutu

10:44 雨ヶ峠 ベンチでおにぎりを1個食べました。
止まると汗が吹き出してきて、ウェアもズクズクです。

七曲りもさほど大したことはなく、サクサクと上れました。
11:27 一軒茶屋着

はるばる上ってきたのに、上には自動車道路が通って、茶屋があるというのも不思議な感じです。
「氷」につられて茶屋に入り、「みぞれ」を注文しました。380円。
2611kakigouri
茶屋の中のベンチに座って食べていると、汗で自分の座ったところがぐっしょり濡れています。
まるで「おもらし」してるみたいで恥ずかしいです。

そそくさと外に出て、道路の反対側の休憩所で持参のおにぎりをもう1個。
お昼時なので、回りにもハイカーが昼食を取っています。

11:47出発
有馬温泉の方に下りかけたのですが、せっかくここまで来たから最高峰まで行かんとと思い直して、引き返しました。

12:00 六甲山最高峰
2612saikouhou

広場になっているので、春秋の気候のいい時期ならここでお弁当を広げるのもよさそうですが、今日はさすがに暑すぎます。

反対側は神戸方面から大阪生駒の方までの大パノラマ!
2613

2614

まだ時間が早いので、このまま有馬温泉に下りると時間が余りそうです。
地図と相談して、縦走コースをたどって極楽茶屋跡まで行き、紅葉谷道を下ることにしました。
今年は11月の六甲全山縦走に出たいと思っています。

2615
走りやすいこんな道もあるけれど、アップダウンも多く、自動車道との交差も結構あります。
のんびり行くにはいいけど、急ぐときはちょっと面倒かも。

極楽茶屋跡は「跡」なだけに、お店は閉まっていました。
12:25 極楽茶屋跡 

ここから紅葉谷道を下ります。
最初はぐんぐん下っていきます。
2616momijidani1

沢沿いで木陰も深いので、涼しい感じの道ですね。途中の水場もおいしい水でした。まさしく「六甲のおいしい水」ですね。

ブナの木もありました。
2617buna_2

どんどん下っていくと、広場のような所に出て、そこからは広い林道です。
2618

山の上の方にロープウェイが見えてきて、ほどなく有馬のロープウェイ駅につきました。
13:20 ロープウェイ駅

暑い中、虫地獄や鳥地獄、炭酸泉源などを見学して、銀の湯に入りました。
2620ginnoyu

550円で、大変清潔。シャンプーやボディソープもあります。ドライヤーもあってランの汗を流すのにぴったり。
時間も早いので、お客も少なくてゆっくり入れました。

それから、電車で新開地を回って、甲子園に向かい、勝ち試合ナイターを満喫しました。


|

« 涸沢山行記(4)さらば涸沢 | トップページ | 夏の終り »