« 最近観た映画(2) グーグーだって猫である | トップページ | 京都八幡木津自転車道 »

2008/09/20

おくりびと

納棺師という仕事があるということも、今回初めて知りました。
人間必ず最後は死ぬ以上、誰もが避けて通れない「納棺」。

公式サイト

本木雅弘(モックン)さん演じる主人公は、やっとつかんだ楽団チェロ奏者の職を失い、故郷山形に戻って職探し。
新聞広告の「旅のお手伝い」と「旅立ちのお手伝い」の校正ミスで偶然この仕事についてしまったわけですが、
妻にも言えず、また最初からやっかいな遺体の納棺に立ち会ったりと、悶々とした毎日を送っていました。
それが、いくつもの納棺を行う中で、「旅立ちのお手伝い」を天職としていくことになります。

派手さは全然ない映画ですし、人間の「死」をテーマとしたものなのに、
大変すがすがしい印象を受けました。
何よりも、流れるようなモックンの納棺の儀の所作が素晴らしい。あんな風に心を込めて、丁寧に、最期を送ってもらえたらどんなにいいでしょう。
1件1件のご遺体には、故人を取り巻くいろいろな人間の業が渦巻いているのですが、それがこの麗しい納棺の儀によって、解きほぐされ、安らかな旅立ちとなるシーンには、本当に感動しました。

また、登場人物一人一人や、中でのエピソードが、全部相互に意味のあるものとなっており、映画全体の統一が取れたものになっています。特にクライマックスは、主人公自身が自分自身の納棺の所作により、自分自身のわだかまりを解きほぐしていく内容となっています。

モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞したというこの作品。
久々に一般料金を払って観ましたが(いつもレディースデーとか会員価格などで観てます)、
十分にその価値がある映画でした。


|

« 最近観た映画(2) グーグーだって猫である | トップページ | 京都八幡木津自転車道 »