« 大阪城公園 | トップページ | 京都嵐山にrunning cafe »

2009/03/17

初恋の人からの手紙

まりも、ひさしぶり。
もう女友達のファッションチェックをするクセは治りましたか?いちいち「何そのブラウス!」などと辛口批評をしていたまりもをなつかしく思います。

まりもがおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう31年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の掃除をしていたらまりもからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせたかな。

思い返してみると、あのころまりもはとても余裕があって、大人びていたなぁと思います。男子と幅広く仲が良かったまりもに、おれは「男好きだな」などと皮肉を言ったけれど、まりもは平気で「そういう女が嫌いなら付き合わなくてもいいんだよ」と返していましたね。そういうまりもの余裕が、やけに鼻についた思い出があります。

そういえばまりもにとって、おれって初恋かな?なんだか普段からやけにツンツンしているわりに、恋愛になるとぎこちなくなっていたイメージがあります。もはやあんなウブさはないんだろうけど(笑)。

付き合い始めのころは、勢い余って、まりもが「いつか結婚してもいいけど」とか言っていましたね。言い方は素直ではなかったけれど、その気持ちは嬉しく思ったものです。後先考えずにそういうことが言えてしまうところもまりもらしいですね。

総括して言えば、おれはまりもと付き合えてよかったと思っています。振り回されたけど、そのおかげで忍耐力もついたし、言いたいことを封じ込める技も身に付きました。

いろいろ書いたけど、おれはそんなまりものことが好きでした。これからもまりもらしくいられるよう、あと、当時本気でやっていた深夜ラジオへの投稿も続けて(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 老人のニオイが好きって言ってましたね。今でもそうですか?


まりもさんについての分析結果は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------------------

【短評】
しっかり者で、男性を守る側になることも。相手の気持ちに配慮もできて精神的にタフ。弱味を見せないところがある。
【あなたの恋愛事情を考察】
まりもさんは、よく「付き合った男性がみんな弱っていく」などと感じませんか?または、長く付き合ううちに「私はあなたの母親じゃない」と言いたくなることはありませんか?逆に、まりもさん自身が甘える場面というのは少ないのではないでしょうか。

基本的にはまりもさんは、わりと恋愛では「強い」ほうだと思います。周りの人からは、悩み事がないかのように思われる可能性もあります。確かに精神的には比較的タフだとは思われますが、一方で、そういう役割にばかり追われると、もっと子供のように甘えたい気持ちが内側に蓄積するものです。

素直さや隙がないために、相手がまりもさんをどう愛していいのか、どこをとっかかりとして幸せにしていいのか、よく分からないことでしょう。そして相手男性が弱くなっていくか、逆に針が振れて、自分に振り向かないほどの男性(彼女持ちとか)をいつのまにか選んでしまう可能性もあります。

ここから言える、まりもさんにありそうな問題点を列挙します。

◆自由人でしっかり者だが、男性からしてみると近寄りがたい。
◆なぜか少し弱々しい男性に好かれる。そしてドキドキできない。
◆素直に甘えられる(ドキドキできる)男性を求めると、しんどい恋愛に変わる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

って、ここまで読んでいただいた皆さん、お疲れ様でした。
直接、まりもをご存じの皆さん、上の短評を読まれていかがでした?(笑)

ちなみに「老人のニオイ」はそれほど好きではありません(爆)
でも深夜ラジオへの投稿はやってました。しょうもないネタ読まれたりして、喜んでおりました。(若かったな~)

あなたにも、初恋の人から手紙が届くかもしれませんよ。
          

|

« 大阪城公園 | トップページ | 京都嵐山にrunning cafe »