« 草なぎ君ショック | トップページ | 2009GW総決算(後半) »

2009/05/07

2009GW総決算(前半)

今年のGWも終わりました。
暦通りの休日+いつもの土曜休みでしたが、高速道路の1000円にもかかわらず、車に乗ることはほとんどなし。
(ダンナが山に行くのに一回、BOOKOFFに古本売りに行くのに一回乗ったくらいかな?)

よう遊んだけど、あまりお金も使いませんでした。
ランナーは安上がりの休日を遅れるのであります(笑)

4月25日(土)
ダンナと一緒に映画観に行った。
「鴨川ホルモー」ね。
京都を舞台にした青春モノというか、ファンタジーというか、ドタバタというか・・・
京都の大学生活はよく描かれていたと思いますよ。我が母校のR大学でもロケしてます。
原作がなかなか面白かったので期待していったけど、後半はちょっとタルかったです。

4月26日(日)
京和トライアスロンクラブの「剣豪と忍者の里マラニック」に参加。
奈良から柳生の里、月ヶ瀬を経て、伊賀上野までの約45kmのマラニックです。
このシリーズにたびたび出てるうちに顔見知りも増えて、一人で参加しても知り合いたくさんです。

前半は奈良公園から、滝坂の道を越えて山の中を行くので、ばらけると前後に誰もいなくなることもありました。
去年の道を思い出しながら、分岐では注意して進みます。

柳生の里の手前まで来ると、いつのまにかランナーが増えていました。
みんな道がよくわからず右往左往しています。集団で道迷い!?農作業してる地元のおっちゃんに道を聞いたりして行きます。
いろいろなところから、突然ランナーが出てきたり、とりあえずゴールに着けば多少のロストは気にしないおおらかな大会なので(^^;

去年も出たけど、今年は少しコースが変わってました。
途中から45kmとオプションで51kmコースを選べるようになっていましたよ。面白いですねえ。
スタッフの人も「同じ料金だから51kmに行った方が得やで」だって(笑)
一緒に走っていた人達も51kmに行く人が多かったです。

何もなければ51kmコースに行ってもよかったのですが、この大会はゴールが京都に帰るのに不便な伊賀上野。
関西本線は1時間に1本しかないし、なるべく早く帰りたかったので、45kmを選択しました。
しかも、時折雨が降って、ちょうどこの分岐でも降られていたし。

以前の大会で一緒だった人たちのグループに追いついて、一緒に月ヶ瀬のエイドでお昼ご飯。梅うどんが振る舞われます。
ここから、また登り。みんな登りは速いから、あっという間に背中が遠くなってしまう。無理してついていくのもしんどいので、遠くなる背中を見送ってぼちぼち一人旅。

先日の宝塚マラニックで一緒だったK夫妻も参加されてます。奥さんはおなかを壊して熱があるのを熱さましで押さえて出走されてます。時々コース上でも会うので、その都度具合を聞くのですが、熱があるのに走ってはります。すごいわ。大丈夫だといいのだけど。

雨はだんだんひどくなってきて、本降りです。伊賀上野が近づいてきましたが、コース上にはずっと雨雲がかかってる(--;
去年より30分も遅く6時間20分でゴールしました。

4月29日(祝)
この日はfrunいぐちさんのお誘いで、妙見山に連れて行っていただきました。
前々から一度走ってみたいと思っていた妙見山。往復でフルマラソンに匹敵する42kmのコース。

阪急箕面駅集合で、ロッカーに荷物を預けて走ります。
箕面の滝を見て、箕面ダムを見て、北摂霊園の脇を抜けて、ぼちぼち走ります。
車道が大半ですが、交通量がそれほどでもなかったのでよかった。

一度長い下りを過ぎてから、国道を横切ってそこから登り。
勾配のきついところもあったけど、ぼちぼちペースで行けばそれほどしんどくない。
何よりお天気が最高で、暑くなく寒くなく走るのには快適でした♪

妙見山について、亥の子餅を食べお参りをして、展望台から景色も眺めて、箕面に戻ります。
妙見山の下りは、行きと違う道をぐるっと回って、途中最新のコンビニで軽食。イートインもあって、トイレもきれいで休憩にはもってこいでしたよ。

3kmほどの長い登りでは、ブラインドのSさんの伴走もさせていただきました。
うまくできたかな~。

後半は先導のKさんIさんのペースがだんだん速くなり、箕面の滝から駅までの下りでは、まるで蒸気機関車のようでしたわ。ついて行くのが大変でした。

駅近くのお店で地ビールが売り切れていて残念~。
でもみんな無事に帰ってきました。
Img_2442_2


アフターは阪急石橋の銭湯に入って、打ち上げに行く皆さんと別れ、一路甲子園へ。
新装なった甲子園で、初の観戦です。一塁アルプス席。
試合はといえば、いろいろ稼がせていただけるはずの横浜戦で、3回表の安藤のまさかの炎上・・・
じりじり追い上げるも追いつかず、負けました。
夜になるとスタンドを吹き抜ける風も冷たく、ビールも飲む気になれませんでしたよ。
とほほ・・・

それでもせっかくファンクラブのイエロージャージに、関本の背番号とバックロゴをアイロンプリントして持って行った甲斐があって、2打点の活躍とファインプレーが見られたし、それはよかったな。

|

« 草なぎ君ショック | トップページ | 2009GW総決算(後半) »