« 本鯖完走記(後半) | トップページ | 愛宕タイムアタック&米買道+小倉山 »

2009/06/08

敵は本能寺にありマラニック

またまた、1週間以上経ってからの報告。ネタがひからびてますcoldsweats01

5月31日(日)開催。
JR馬堀駅(スタート10時)-唐と越-上桂-上野橋-松原通-油小路通-本能寺跡-蛸薬師通-室町通-五条通-五条河原町「なか卯」(昼食)-川端通-本町通-深草-勧修寺-明智塚-明智藪-大亀谷-墨染通-竹田力の湯(ゴール)

昨年に続き2度目の参加です。
JR馬堀駅は最寄り駅より3駅なので、朝もゆっくりで楽ちんnote

jognoteや諸々のラン友に加え、井上ワールドでいつも会う顔見知りも増え、楽しいスタート地点。
いつものように、リラックスした雰囲気の中で、いつの間にかスタートの号砲がなってます。
馬堀の住宅地はマイペースでぼちぼち行きます。勾配が急になり、いよいよ唐と越の入り口。ここからの山道はシングルトラックなので、ほぼ並んだ順番で登っていきます。
昨日、結構雨がよく降ったので、ちょっと滑りやすい。トレイルシューズで来てよかった。曇っているので、急勾配もまだ涼しい。
走ることはできないけど、後続からのプレッシャーもあって、ゆっくり行くこともなかなかできません。何とか流れに乗って、ヒイヒイいいながらようやく山の上につきました。
ちょっとオーバーペースなので、ここで後続に道を譲って、またぼちぼち行きます。

みすぎ山を過ぎると林道に出ます。道幅も広くなってのんびり。
ばらけてくると、だんだん周りの参加者が固まってくるので、時々話もしながら行きます。併走していた男性に「完璧ウルトラ向きの走り方やな~。無駄がないわ。」と言われてちょっと嬉しいheart01

林道の途中で、大勢立ち止まって何かを探している。何してるのかな?と思ったら、参加者の一人が「入れ歯」を飛ばしたらしいsign01 私もしばらく一緒に探しましたが、見つからず、申し訳ないけど先行させていただきました。

再び、山道に入り、足の合う人たちと一緒に走っていきます。途中一箇所沓掛山のピーク付近で迷いかけましたが、何とかクリア。ちょっと焦ってこけたりもしましたが、たいしたこともなくよかったです。
迷いやすい分岐が何カ所かありますが、まりもは地の利があるので、案内板の地名で判断。無事に山を下りました。

上桂に出て、上桂東居町の交差点で、コースは確か左折のはずなのに、先行者はみんな直進している。
参加者同士で「去年はここ曲がったよね~」と言ったりしてましたが、まっすぐ行っても途中で合流するからとほとんどの人が直進していきました。私はコース通りに左折。
結局みんな途中で合流しましたが。

この辺りでは、迷っている人がいたらいつも道案内します。だって、いつも走ってるようなところだから。
欧米系の外人さん、何度もミスコースしそうなので、その都度案内します。

松原通を東進。住宅地と商店街の中をぼちぼち走っていきます。堀川通を過ぎ、油小路を左折北進。
この大会は、明智光秀が亀岡から信長のいる本能寺を目指した故事をモチーフになっています。本能寺は現在寺町三条にありますが、当時は油小路蛸薬師付近にあったようです。現在はそこは堀川高校になっていて、記念碑だけが建っています。
町の人にもあまり知られてないかもしれません。

まりもはその近所で働いていたことがあるので、本能寺跡も土地勘有りwink。ここも難なくクリアして、先に行きます。
コースは蛸薬師、室町となっていましたが、碁盤の目の京都の街は適当に行っても距離も変わらないし、迷うこともないので、信号や交通量の都合で走りやすそうなところを選んで行きました。

五条通に出て、河原町五条の「なか卯」で昼食restaurant。ナンバーカードを見せると、牛丼とお味噌汁のセットが出てきます。去年はおうどんでした。牛丼はボリュームあっていいのだけど、熱いのでハフハフしながら食べました。

昼食後は、もうみんなバラけてしまって、一人旅です。日が差してきて暑い暑い。
鴨川より東側はあまり行かないので、ここからは地図を手にぼちぼち行きます。

深草の手前で去年と少し道が変わってました。名神にぶつかったところで東進。その辺で道を尋ねてる女性ランナーと一緒になったので、一緒に行くことにしました。
しばらく行くと、前方にjognoteでリンクしてるRさん達が見えました。勧修寺で追いついて、それからも前後しながら行きました。初参加者の皆さんは、明智塚がわからなくて迷ってる様子。私も去年出たときには全然わからずにいましたが、今年は場所が大体わかるので、みんなを案内します。明智塚は道端の「えっ、こんなところにsign02」というところにあるのです。一応ラインが引いてあるのですが、知らなかったら見落とす人も多いだろうな。
明智塚の次は明智藪。明智光秀の没地といわれているところです。これも住宅地の奥にひっそりとあるので、知らなかったら行けません。ラインと去年の記憶を便りに、何とかクリア。

そこからまた竹藪の中の小道に入り山を越えます。すぐ上りも終わると思っていたのに意外に長い。走ったり歩いたり走ったりしながら、行きます。
山を越えると、どんどん下り。また今年も途中の喫茶店やんちゃ村の皆さんが、エイドを出していてくださいました。冷たいカフェオレをいただいて元気出ます。ここから墨染通までのコースも昨年とちょっと変わっていて、公園の中を通るようになっていました。木陰があって涼しいし、距離表示もあるし、とても良かったです。
先ほどの女性ランナーと前後して行きます。他に2名の男性ランナーとも一緒になりました。そのうち一人は、山の中で「入れ歯」を落として探していた人でした。お名前が特徴的な方だったので覚えていました。入れ歯も見つかったとのこと、よかったですねえ。

もうまもなくゴール。地下鉄竹田駅の手前で時計を見ると、5時間30分が切れそうです。同行の皆さんには申し訳ないが、せっかくなので5時間30分を切ろうと思ってスピードアップ。時計を見ながら、間に合うかなどうかな~と必死にもがきます。ゴールの力の湯が見えてきて、スタッフの人が手を振っています。後残り1分半。何とか間に合いそうsign03 信号が変わるのにやきもきしながら、変わったと同時にダッシュ。
やった~sign01間に合った~sign03 と思ったら、実はそこがゴールではなくて、ゴールはもう少し先の力の湯の本当の入り口前だという。きゃー、急げ急げsign03sign03

5時間29分50秒で、何とか5時間30分切り間に合いましたhappy02

ゴールしたら、参加賞でキャベツ1個渡されました。なんと実用的な参加賞なんでしょうwink
お風呂にゆっくり入って、帰りました。

結局、距離は何キロなんだかわかりません。
募集要項には45km、当日渡された地図には約50kmとありましたが、当日GPSなどで測った人は40kmとか36kmとか言うし・・・
まあ、そこが井上ワールドのよさということでcoldsweats01

コースの概要などは去年の記事をどうぞ。

|

« 本鯖完走記(後半) | トップページ | 愛宕タイムアタック&米買道+小倉山 »