« 清掃登山に参加 | トップページ | 劔岳 点の記 »

2009/06/14

穴太善峰巡礼古道

昭文社の山と高原地図「北摂・京都西山」に載っていて、ずっと気になっていたこの道。
今日踏査してきました。

JR亀岡駅-穴太寺(あのうじ)-府道亀岡茨木線-巡礼古道-万寿峠-外畑-杉谷-善峰寺-小塩-洛西NT-自宅 計35km

JR亀岡駅から、古の趣ある旧道を通って穴太寺へ。
1401img_2452古い道標、「左あなう寺道」とあるので、左に曲がります。

1402img_2453走田神社。左が神職宅、右のこんもりした森が神社です。「はせだじんじゃ」と読むらしい。ランには何の関係もないようです。

1403img_2455西国三十三カ所 第21番札所 穴太寺
私が着いた時、ちょうどバスから巡礼ツアーの団体さんが降りてきたところでした。
小さなお寺ですが、建立はかなり古いらしい。またこのお寺の付近は、幽霊画で有名な「円山応挙」の生誕地だそうで、碑が建っていました。お参り後、来た道を一部戻り、京都縦貫道に出ます。1405img_2458縦貫道に沿ってしばらく行き、田んぼの脇の細道を抜け、住宅地の外周道路に出ると、そこが古い道である証明にこんなお地蔵さんが建っていました。1406img_2459なぜか、道に背を向けて建っているのが不思議です。

住宅地を抜けると府道亀岡茨木線に出て、南に向かうと上矢田の鍬山神社があります。1407img_2461これまた由緒ありそうな神社で、境内の青紅葉がとても美しかった。秋の紅葉の時分には、さぞすばらしいかと思います。亀岡茨木線をしばらく南に向かいます。しばらくは歩道がありますが、切れたあたりから道幅が狭く、路肩に張り付くように走らなくてはいけません。それでも2km位行くと、巡礼古道につながる林道の入り口につきました。ゲートがあって閉められているので、ここからは車も入ってきません。ダートの林道が続きます。1409img_2464アップダウンはほとんどありませんが、車も通らないのでかなり雑草が伸びていて、ちょっと走りにくかったです。亀岡つつじヶ丘の住宅地の南縁をなめるように進みます。

つつじヶ丘団地が終わる頃に、またゲートがあり、舗装路となりました。不法投棄防止の看板が多く、この辺りも汚されることが多いのかとちょっと悲しい気持ちになります。車1台通るだけの道幅ですが、比較的木陰も多く、涼しくて走りやすいです。また古いお地蔵さんがありました。地図には背向け地蔵として載っています。1410img_2469江戸時代安永年間のものでこの道が古い巡礼道だということが伺えます。当時はかなりの往来があったのでしょう。現在は札所巡りもほとんどバスや車などで回るようになり、こんな道を歩いて巡礼に回る人なんていないだろうと思っていたら、前から白装束の巡礼スタイルの若い男性が歩いてきてびっくり。その人も私の姿に驚いたようで、お互い会釈をしたものの、しばらく行って振り返ると、その人も振り返ってまた目が合ってしまいました(笑)しばらく行くと、上寒谷の集落が見えてきます。1411img_2475人家は数件しかありませんが、水田が美しく、鶴のような鳥もいました。この村を過ぎると道の勾配がだんだん険しくなってきます。杉の植林や雑木が混在していて、時折北寄りの風が吹き抜けるので涼しいのですが、如何せん時間も正午を回ってだんだんおなかも減ってきて、歩きがかなり混じるようになってきました。

ようやく峠についてやれやれ。万寿峠というそうで、明神ヶ岳の登山口になっているようです。数台の車が停まっていましたから、多分山登りの人たちでしょう。この辺りは雑木林の明るい道で、大変気持ちがいいです。緩い下りを走っていくと、急に視界が開けて、中畑バス回転場に出ます。この辺りは高槻市になります。ここで左折すると小さな峠があり今度は京都市に入り、前方に巨大な変電施設が見えてきます。1414img_2480あまりに巨大で圧倒されることしきり。外畑の集落を抜けると、金蔵寺とポンポン山方面への分かれとなり、ポンポン山方面へ進路を取ります。この辺り不法投棄が目立ち、悲しくなります。とにかくおなかがすいたので、どこか座って食べるところはないだろうかと探すのですが、ゴミが多くてなかなかそんな気になれません。ポンポン山と善峰寺への分かれとなる杉谷まで来てようやく路傍に丸太が数本置いてあるところがあったので、そこで昼食。亀岡駅のコンビニで買った、おにぎりとヤマザキランチパックに野菜ジュース。最近ランチパックがお気に入り。

お昼が済んだら、善峰寺への道を取り下っていきます。丁石もあって古道の雰囲気あり。しかし下りはきつく、ジグザグ下りでぐんぐん下っていきます。途中男性ハイカー3人組を抜いたら、「元気やな~、ずっと走って下りてきたんですか」と聞かれるので、亀岡から来たと言ったらびっくりされました。善峰寺が見えてきました。かなり大きなお寺です。駐車場を通って山門へ。1416img_2484ここは西国三十三カ所第20番札所で、参拝者も多いです。日本一の松という天然記念物の“遊勝の松”というのもあり、1417sa380197樹齢600年の五葉松だそうです。また、アジサイも見頃で、広い境内の山あいにアジサイの花が種々咲き乱れ、すばらしい光景でした。1418sa380199_2境内からは京都盆地も一望です。1419sa380201このお寺は桂昌院の縁の寺ということで、ちょうど寺宝の特別公開もやっていたので、ゆっくり拝見してきました。神経痛・腰痛のお守りや受験に落ちないお守りも授与されるようで、来年息子の受験の時にまた来なければ!

拝観が終わったら、ラジオで阪神×ロッテを聞きながらぼちぼち走って帰りました。が、あまりに展開がひどいので、走る気が失せ、歩き混じりでとぼとぼと帰りました。

|

« 清掃登山に参加 | トップページ | 劔岳 点の記 »