« 新年1/3 寅めぐりランのご案内 | トップページ | この格好で東京マラソン »

2010/01/04

2010寅巡りマラニック

Img_28081_2

ブログにお越しの皆さん、今年もよろしくお願いします。
(喪中なので、代わりにトラッキー君に年始のご挨拶をしていただいてます)

ではありますが、昨年にご案内しておりました寅巡りマラニックに行ってきました。

某所とブログくらいしかご案内しなかったのにもかかわらず、総勢20名のご参加をいただきました。
どうもありがとうございます。

1月3日、京阪三条駅集合。ランで叡電出町柳駅へ。
年末年始の寒波到来の記憶も新しく、寒くなる寒くなると参加者の皆さんに言いまくったのに、走り出してみると結構温かく、汗ばむ陽気でした。
出町柳で、mikage-bashiさん、電車でpegaさん合流。
鞍馬の手前でようやく屋根に白い物が見えるようになりました。さすがに鞍馬は寒い。

スタート前の鞍馬駅。わたっこ夫妻とくーさん合流。
Dscf1880_2

鞍馬寺は普通200円の入山料が必要なのですが、お正月は無料だとか。太っ腹~!
急な山道を登っていきます。途中山門の屋根から雪が落ちてきて危うく当たりそうになりましたが、かろうじてセーフcoldsweats02

鞍馬寺は寅の年寅の月寅の日寅の刻に毘沙門天が降臨されたという言い伝えから、寅に縁のお寺とされています。
境内には狛犬ならぬ阿吽の狛寅が。
Dscf1883_2
Dscf1885_2

本堂前のパワースポットでお祈りして、パワーをいただき下山。
鞍馬からは、鞍馬街道を各自のペースで下りていきます。まりもは後ろからぼちぼちと。
しゃべりながら行くので、時間の経つのが早く、あっという間に下って北大路に着きました。

お昼を食べて、ここからは市街地なので迷いやすく、集団で走っていきます。
茶道のメッカ小川通(表千家と裏千家が並んでいる)を通って、西陣の鳴虎さんへ。
ここは普段は非公開だそうですが、寅の年の正月3が日だけ寺宝の「鳴虎図」を公開されます。
豊臣秀吉が当時珍しい虎の絵をこの寺から献上させたのですが、寺に戻りたがって一晩中鳴き続ける虎に悩まされ翌日寺に戻したところ鳴きやんだという伝説の絵だそうです。
独特の筆致で立体的に描かれており、右方向からと左方向からで見た印象がかなり変わるという不思議な絵でした。
(写真撮影は不可のため、見たい方は12年後のお正月までお待ち下さい・笑)

pegaさんがここで終了。それから、堀川の親水公園を通って、烏丸の護王神社へ。ここでイエバンさんが合流。
護王神社は寅ではなく亥に縁の神社ですが、足腰の守り神なのでランナー必拝です。
Dscf1890_2

境内には、こんな碑も。
Dscf1891_3

生イノシシが芸も見せていました。ええもん見せてもらいました。
Dscf1894_2
Dscf1896

それから御所を通って、鴨川に出て南へ。四条通はすごい人波。
団栗通に上がりましたが、人が多くてとても走れません。
建仁寺の境内は比較的落ち着いていました。

両足院の毘沙門堂も寅のお寺。本尊は鞍馬寺の胎内仏だったそうです。香炉にも寅。
当然狛寅。
Dscf1899
Dscf1901

おみくじも寅。こんなかわいいの。この中におみくじが入ってます。
Dscf1919

小吉でした。結んできました。

みんなで記念写真。
Dscf1910

それから祇園を通って京阪三条に戻りました。
Dscf1913
Dscf1916

予定時刻通り到着。約25km。


アフターはいつもお世話になってる桜湯。(この日から営業だったのでよかった)
打ち上げはやっぱり王将でした。ガッツリ飲んで食べて、約2000円。
早く終わったので、大河ドラマに間に合ったけど、途中で寝てしまいました~sad

ランナーの皆さんのご多幸と怪我なく走れること、そしてトラといえばタイガースの優勝祈願をして参りました。
ご参加の皆さん、ありがとうございました。


|

« 新年1/3 寅めぐりランのご案内 | トップページ | この格好で東京マラソン »