« 2010四万十ウルトラマラソン(4) | トップページ | 2010四万十ウルトラマラソン(6) »

2010/10/25

2010四万十ウルトラマラソン(5)

いよいよK原さんの私設エイドにつきました~~note

K原さんに「足は大丈夫?」と心配していただいて、ありがたいです。
数日前までは、DNSかもって思っていたので、K原さんにDNSだったらエイドのお手伝いさせていただけますか?と打診までして。
結局、ここまで走ってきてしまいました。

Dscf2679


今回は生ルービを少し頂戴しようかと思っていましたが、既に売り切れ。
40Lも用意されたそうなのに。残念。それでも第3ルービをいただきました。
食べるものも、去年ほど残ってはいませんでしたが(到着が遅いからなあ)、珍味「揚げかに味噌団子」をいただく。
川エビの焼いたのも足しか残ってなかったけど、これもまた絶品heart01
ああ~~、お酒が欲しいわ。bottle

Dscf2680

Dscf2685

いつものように、垂れ幕でのご声援も、ありがとうございます。

Dscf2686

抽選に外れて出られなかったら、かつてのT姉さんのように、一度本当にエイドだけのお手伝いで一日参加させていただきたいです。

J子さんは、先に出発。T氏はもっとのんびりしていくというので、ここから一人で行きました。
まだ3時間くらい残っているので、なんとか完走できそうですが、最後暗くなってしまったら、足をぐねるのが怖いので、歩きもかなり入りそう。明るいうちに少しでも行っておかないと。

日もだんだん傾いて来ました。J子さんはもう背中も全然見えない。

90km手前くらいから、何人かツアーメンバーに追いつきました。Kさん、Tさん、笠地蔵Oさんなど。
時間はまだだいぶあるから、みんな完走はできそう。

90kmくらいだったろうか。前を走っている男性が、時々痛そうに飛び上がってる。
追いついて「大丈夫ですか?塗り薬ありますよ。」と声かけして、バンテリン液お貸ししました。残ってた痛み止めも差し上げました。多分私はあと10kmなら大丈夫。
(この方完走されたかどうか心配でしたが、あとからナンバーで調べてみたら、ギリギリ完走できていたようです。よかった)

90kmあたりのエイドで、いよいよ光棒をもらいます。去年はこれをもらわない(早いうちに通過する)のを目標としてましたが、今年は完走もできないと思っていたので、ここまでこれたのもありがたいことです。
90km過ぎてもちゃんとエイドに寄らないと。暖かいお茶が出てきたのもうれしいことです。

だんだん暗くなってきました。足元にも気をつけていきます。
沿道から「あと6.1kmだよ!」と声を掛けられました。
それを聞いたとたん、DNSだったかもしれないのに、ここまで帰ってこれたと思ったら、涙がドーっと出てきて、止まらなかった。crying 本当にありがたいことだと思いました。沿道で応援してくださる方、エイドで応援してくださる方、メッセージをくださった方、FAXを送っていただいた仲間達、全てに感謝、感謝という気持ちです。

しばらく泣きながら、走っていました。周りのランナーがちょっと怪訝な顔をしてたなcoldsweats02

あたりが真っ暗になって、あと数kmになった頃、スタートから一度も会えなかったNさんに追いつきました。声かけたら、泣きそうな顔で、Oさんのことを心配している。少し後ろで会ったので、「あとは歩いても完走できる」ことを言って、安心してもらいます。
ここからはNさんと併走されてた、楽ランのHさんと併走しました。もっと路面が悪いように思っていたけど、結構走れます。お連れがいればさらに安心。

だんだん市街地も近づいて、応援も多くなってきました。皆さん「おかえりなさい」と声援を送ってくださいます。
最後の坂、絶対走れないだろうと思っていたのに、不思議と走れるんですよ。下りもです。不思議です。

声援に「ありがとう」「ありがとう」と泣きながら答えて、いよいよ中村高校の門をくぐりました。
すぐのところにキメラツアーメンバーも待機してます。声援を受けて、ラストスパート。Hさんからバンザイゴールをしようと言われて、ラストバンザイで感動のゴールでした~~happy02happy02up

タイムは13時間29分54秒・・・13時間半切ったでscissors

|

« 2010四万十ウルトラマラソン(4) | トップページ | 2010四万十ウルトラマラソン(6) »