« 「まいまい京都」に初参加 | トップページ | まいまい京都 【東一口】(1) »

2012/04/14

長居障害者スポーツセンターを存続させよう

広くこの話を皆さんに知っていただきたいと思います。

大阪の長居というところに、障害者スポーツセンターがあります。
私のランナー仲間の皆さんも、そこを利用してランニングやその他のスポーツを楽しんでおられます。
そこが突然、廃止統合という話が持ち上がりました。

以下、ラン仲間の方のmixi日記より転載。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

標記の案(長居障害者スポーツセンター廃止の案件)が、大阪市の施策・事業の見直しのひとつとして出されています。

このスポーツセンターは、わたしが活動しているわーわーずの拠点でもあります。

毎週の日曜日に、このスポーツセンターを拠点に、長居公園の周回コースをブラインドランナーと伴走者が走って練習しています。

その視覚障害者等になくてはならないスポーツセンターが舞洲スポーツセンターと統一されて、長居は廃止との案が出ています。

舞洲も交通の便が良かったらまだ良いのですが、交通がバスしかありません。

そして、本数もあまりないようです。

長居は、地下鉄から降りて直ぐだし、JRもあるし、交通の便は申し分なしでした!

だから、多くの方々が長居障害者スポーツセンターを利用されているのですが。

体育館やプール、ボウリングも利用されています。

そんな視覚障害者にとって、凄く便利で活用しやすいセンターを舞洲に統合して長居は廃止というのは、たまりません!

正しくは、次の3つの案が出されています。

障害者スポーツセンターについては、
・長居スポーツセンターをH27年度いっぱいで廃止。
・舞洲スポーツセンターの宿泊施設は今年度(H24年度)いっぱいで廃止。
・H28年度には舞洲1館に統合していく。

この廃止の動きはかなり早く、来週には、改革PTと福祉局(障害者施策部)との議論が、さっそく 始まるようです

つきましては、ご協力いただける方、

「長居スポーツセンター廃止案に対して、交通の便も良く視覚障害者が利用しやすい長居スポーツセンターの存続を希望いたします」

という意味の内容のメールを、下記アドレスに送っていただけないでしょうか?

(大阪市メールアドレス)  Fa0025@city.osaka.lg.jp

宛名は「大阪市」でも「大阪市長 橋下 徹様」でもかまいません。
差出人は、匿名でもかまいません。

文面は、みなさんご自身の文面で結構です。

上記文のみでも結構です。

賛同の上、ご協力いただける方のみで結構ですので、よろしくお願いいたします。

ひとりでも多くの存続の声が届いて、大阪市もそれを受けて長居スポーツセンターが今までのように存続出来たら嬉しいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長居の障害者スポーツセンターは、昭和49年に当時の市長(大島さん)が、「障害のある人たちがいつでも安心してスポーツを楽しめる施設を」と、日本で最初に建てられた由緒ある施設だそうです。

老朽化はしていますが、施設内は左右シンメトリーになってて、車いすの人も視覚障害者も使いやすい施設です。

交通の便がよく、周囲も公園で、本格的な競技施設も併設されているというところは全国的に見てもかなり優れたところです。日本に誇るべき施設だと思います。

こういうのは、無駄な施設ではないと思います。むしろもっと全国的にも打って出る、日本の障害者スポーツのメッカ的なものとして発展させるものではないかと思います。

何でも採算性や効率だけを見て統廃合していくのはもはや行政ではないと思います。

是非、皆さんにもこの問題を知っていただき、考えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

|

« 「まいまい京都」に初参加 | トップページ | まいまい京都 【東一口】(1) »