« 第1回伊豆トレイルジャーニー(3) | トップページ | 六甲キャノンボールラン »

2013/03/14

第1回伊豆トレイルジャーニー(4)

今回は大会後にマイミクふゆさんのお宅にお伺いすることになっていました。
それも旅の楽しみ。

【ゴールしてふゆさん亭へ】

ラントレメンバーもゴールがまちまちなので、それぞれ伊東のふゆさん亭に向かいました。
私たちが着くと、もう先着の人たちが宴会の真っ最中。
ふゆさん亭は、別荘地にある豪邸で、ダイビングのインストラクターもされるふゆさんが、いつでも大勢の人が泊まれるようにしてあります。

お鍋とおでんが用意されていました。ご自身も走られたふゆさん、お仲間のROTAさん、応援のアサやんさんのおかげです。
ビールもいただき、温かな食事にもにもありつけました。
本当に感謝です。

【翌日】

朝もゆっくり起きて、この日は関西に戻る日。
先に帰る2名のメンバーを除いて、後は伊豆の温泉に入って帰ろうということになりました。

さて、ふゆさんのお宅はこんなんです。
広大な敷地にはウッドデッキがあり、その真ん中から桜の木が生えています。
1か月もたてばここで花見宴会合宿もされるそう。いいなあ。

Dscf4314

Dscf4317

すっかりお世話になりました。ありがとうございました。

それからみんなで、伊東の南の方にある赤沢日帰り温泉に向かいました。その途中で、ガストで朝ご飯。
もう、利尿作用のためにやめていたコーヒーも飲めます。

赤沢温泉は、海沿いに立つ立派な温泉館で、窓からは相模湾が一望。遠くにかすかに伊豆大島も見えました。疲れも吹き飛ぶいいお湯でした。もう少しゆっくり入ってたかったけど、遠くまで帰らないといけないので、サクッと入浴終わり。

そこから、またりきまる号よしはやさん運転で、一路関西へ。
新東名、東名、伊勢湾岸道、新名神、京滋バイパスを通って大山崎で解散。
途中、めっちゃ美味しい駿河丼(生しらすと生桜エビ)を食べたり、デラックスなトイレのあるハイウェイオアシスで休んだり、これまた楽しい行程でした。

楽しい旅の3日間。いろいろなことがあり、いろいろな人に会い、いろいろなものを食べ、いろいろな景色を楽しませていただきました。

伊豆トレイルジャーニーの関係者の皆さん、ご参加の皆さん、本当にありがとうございました。
行ってよかった~。さあ、これからの大きな大会は3月24日の六甲キャノンボール(片道)、4月下旬のSTYと続きます。

(終わり)

|

« 第1回伊豆トレイルジャーニー(3) | トップページ | 六甲キャノンボールラン »